長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » キッチン床が水浸し…排水ホースのトラブル原因と修理方法を知ろう

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチン床が水浸し…排水ホースのトラブル原因と修理方法を知ろう

2021年02月07日 キッチンのトラブル
長崎_12
 
キッチン床が水浸しになってしまう原因の一つが、排水ホースの異常や劣化です。排水ホースとはどのような部品で、セルフ修理は可能なのでしょうか?特に注意が必要な条件や、自分でできる修理方法について詳しく紹介していきます。
 

排水ホースとは?築10年以上は要注意

キッチンの排水ホースとは、シンク下に取り付けられた排水用の部品の一つです。
 
収納内部を覗いてみると見えるのが、排水ホースです。キッチンの蛇口から供給された水は排水口をくぐり抜け、この中を通って排水管へと運ばれていきます。排水ホースが劣化したり破損したりすれば、中を通っている汚水は外へと漏れだしてきます。
 
・キッチンシンク下の収納内部が、気付いたら水浸しになっていた
・キッチン床から悪臭が漂ってくる
・収納内部がなんとなくいつも湿気ている
 
このようなトラブルが発生した場合、排水ホースから水漏れしている可能性があります。「キッチンの水漏れ」と聞くと、キッチンの床全体がびしょぬれになるような、大規模な事態をイメージする方も多いかもしれませんが、現実にはそうではないケースも多くあります。
 
特に排水ホースの破損がごく小規模な場合、「一度に漏れる量が少なく、トラブルの発見が遅れる」というケースも存在しています。とはいえ破損をそのままにしておいても、状況が良くなることはありません。少しずつトラブルが進行し、場合によっては二次被害が発生する可能性もあるでしょう。
 
排水ホースには、以下のような種類があります。
 
・ネジ式排水ホース
・差込式排水ホース
・Y字型排水ホース
 
もっとも一般的なのがネジ式排水ホースです。ホースと取り付け用ネジがセットになっているタイプで、ホース本体をくるくると回し、手軽に取り付けられるというメリットがあります。
 
どのタイプであっても、特に注意したいのは設置から10年以上が経過している排水ホースです。ホースの素材は年月の経過と共に徐々に硬くなり、少しの刺激でも穴が開いたりひびが入ったりしやすくなります。築10年以上のお宅で「一度も排水ホースを交換したことがない」という場合は、一度状況をチェックしてみてください。今現在トラブルが発生していなくても、予防のために交換を検討するのがおすすめです。
 

排水ホースは自分で交換できる?

排水ホースが破損した場合、気になるのがセルフ修理についてです。排水ホースそのものはホームセンターなどで手軽に購入できますから、やり方とコツさえ知っていれば、DIY修理も充分に可能です。
 
具体的な手順は以下のとおりです。
 
1.床に設置されている排水プレートを外す
2.防臭ゴムを取り外す
3.シンク側のホースを取り外す
4.新しいホースをつなぐ
5.反対側を塩ビ管に差し込み、防臭ゴムを取り付ける
6.排水プレートをはめて完成
 
防臭ゴムを取り外すと、下水の臭いが気になります。できるだけ手早く作業を進めていくのがおすすめです。新しいホースをつなぐ際には、ナットがしっかりと締まっていることを確認しましょう。ホースが長すぎる場合は切断して使用します。排水ホースに小さな穴が開いているだけの場合、「わざわざホース全体を交換するのは面倒だ」と思う方もいるかもしれません。このような場合は、補修パテやビニールテープで破損した部分のみを補修することも可能です。
 
とはいえこちらは、あくまで応急処置。またいつ症状が再発するかわかりませんし、ホース全体が劣化している場合、別の場所で同様のトラブルが発生する可能性もあります。できればホース全体を取り替えるのがおすすめです。
 
また今の段階で具体的なトラブルが気になっていない場合でも、古くなった排水ホースの交換には以下のようなメリットがあります。
 
・排水ホースから上がってくる悪臭対策になる
・詰まり予防になる
・水漏れトラブルが発生する前に予防できる
 
自分で交換する自信がない…という場合には、もちろん修理業者を呼んで対応してもらうことも可能です。古くなった排水ホースを放置せず、適切なタイミングで交換しましょう。
 

継ぎ目からの漏れは業者対応がおすすめ

排水ホースからの水漏れトラブルは、比較的簡単に自分で対処できる事例の一つです。排水ホースを購入してきて交換するだけですから、自分で挑戦してみるのも良いでしょう。ただし排水ホースではなく、別の部品との継ぎ目部分から水漏れしているケースもあります。
 
この場合、対応方法が少し複雑になりますから、最初から修理業者を呼んだ方が安心です。原因のバリエーションが多いため、「自分で対処しようとできるだけ頑張ったけれど、結局状況を改善できなかった!」というケースも少なくありません。自分で対処できる水漏れトラブルと業者に依頼した方が良い水漏れトラブルについて適切に判断できれば、速やかかつ経済的な解決を目指せます。
 
排水ホースから水漏れしていることを突き止めたら、より具体的に、排水ホースのどの部分から水漏れが発生しているのか、注目してみてください。
 

長崎県の水回り修理はながさき水道職人へどうぞ

排水ホースからの水漏れは、自分でも対処が可能です。とはいえいざ自分で挑戦しようと思うと、準備や作業を面倒に感じてしまいがちです。こんなときには、ぜひながさき水道職人へとご連絡ください。
部品の手配から交換まで、素早く対処いたします。南島原市や長崎市、佐世保市の水漏れトラブル・水栓交換は、安心してお任せください。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315