【水道局指定工事店】長崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 水道が止まらない!バルブ交換が必要な場合と費用相場は

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道が止まらない!バルブ交換が必要な場合と費用相場は

2022年12月01日 洗濯機のトラブル


水漏れのときは「水道の元栓を締める」のが基本ですが、ごくまれにではありますが元栓そのものが締まらないこともあります。

水道の元栓は普段あまり目にすることのない部分であり、中には家を建てたときからそのままという家庭も多いでしょう。
しかし、水道の元栓も消耗品の一部のため、年数とともに劣化していくものです。

家庭の水道の入り口である水道の元栓(=メーターバルブ)の不具合が起きた場合は交換する必要があります。
では、水道の元栓を交換するときはどんなタイミングなのでしょうか。また、交換の手順や費用がどのくらいかかるのでしょうか。

家を建ててから一度も水道の元栓をチェックしていないという方、最近水漏れが気になるという方に参考にしていただきたい「水道の元栓を交換する方法」についてまとめています。

水が止まらない!バルブ交換が必要なときとは


水道の不具合のときはとりあえず元栓を締めるのが基本です。
しかし、水道の元栓そのものが破損している場合は、元栓が締められず、水を止められません。

そんなときは自分で対処しようとせず、すぐに専門業者に依頼してください。

とくに、家を建ててから一度も元栓の点検や交換をしていない場合は注意が必要です。
水道の元栓やメーターバルブも消耗品です。
年月とともに劣化していくものですが、普段は見えない部分にあるため、なかなか意識することはありません。

バルブの交換が必要なタイミングは「バルブを締めても水が止まらない時」や「バルブそのものが閉まらない時」です。このような現象が起こるときは水道バルブが劣化しており、バルブを速やかに交換する必要があります。

ちなみに、水道バルブはほとんどの場合敷地内にあるため個人の所有物です。
自治体にもよりますが、交換や修理は自己負担となることがあります。

水道バルブは自分で修理できる?


水道バルブを自分で修理することは困難でしょう。
水道バルブを修理するためには一時的に水を止める必要があります。

しかし、水道バルブの水を止めるとなると更にその元の水栓を止める必要があります。
多くの場合は自分の敷地外、つまり公共の配管の水栓を止める事になるため水道局に相談が必要となるのです。

地域や住まいの状況にもよりますが、修理中は水を止める必要があり近隣住居の水の供給に影響がでてしまうケースもありますので、専門業者や指定業者でなければ作業できません。
宅内の水道設備の作業とは根本的に違った対応が必要なため、自分で作業はせずに業者や水道局に相談してください。

水道のバルブ交換にかかる費用は


水道のバルブ交換にかかる費用は、住居に繫がる水道管の状況や水道管の劣化具合などにより様々なため様々なため、その都度水道局や業者に確認しましょう。

水道のバルブを長持ちさせる?自分でできるメンテナンス方法とは


水道のバルブは基本的にあまり目にすることも触れることもない部分です。
宅内で水漏れがあったり、何らかの水道の不具合がある時に一時的にバルブを開け締めすることはある程度でしょう。

あまり触れることのない水道のバルブを長持ちさせる方法はあるのでしょうか。
自分でできる方法としては次のとおりです。

バルブを締めすぎない
一般的な水道の蛇口のように水道バルブにもパッキンなどの部品があります。部品類を長持ちさせるためにはできるだけ負担をかけずに使用することが望ましく、必要以上に締めすぎると劣化を早めてしまうので力任せに締めるのはおすすめできません。

バルブに外的な圧を加えない
バルブの入っているふたは常に閉めておき、バルブに直接石などがぶつからないように注意してください。

バルブのサビを落とす
バルブが錆びついて回らないときは市販の錆落としや潤滑油などを使ってサビを落としておきましょう。錆びた状態で無理やり回すとパッキンを痛め、劣化を早める原因になります。

バルブハンドル内の清掃
元栓内部に汚れがたまるとハンドルが動きにくくなるため、バルブハンドル内を清掃する必要があります。
ただし、ハンドル内部を清掃するためには元栓を解体する必要がありますが、解体するためには水道を止めなければならず、近隣の水道にも影響を及ぼします。このため、バルブハンドル内の清掃や解体、修理は自分で行うことはできません。必ず水道局に相談してください。

まとめ


水道のバルブが破損した場合は交換が必要となりますが、必ず水道局に相談しましょう。

宅内の水道に不具合があった場合の応急処置は「元栓を締める」ことですが、元栓(水道バルブ)本体が破損していると応急処置が行えず水が流れ続け被害が拡大してしまう可能性もあります。

このため、元栓が壊れている場合にはすぐに水道局や専門業者に連絡し対応を依頼します。自分で修理することはできませんので注意してください。また、バルブ交換費用については設置状況や交換方法などによるため、修理業者に確認すると安心です。

水道のトラブルは突然起こるものです。
一般的には水のトラブルの場合は元栓(水道バルブ)を締めるのが基本ですが、元栓そのものが破損したり不具合を起こしたりすることがあります。元栓が締められないときは慌てず、まずは水道局や水道業者に連絡してください。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315