長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレ詰まりで水が引かない原因とは?対処法とともに解説

2024年06月28日 トイレのつまり


トイレの水が引かないというトラブルは、日常生活に大きなストレスをもたらしかねません。どのようなことが原因で発生するのかを理解し、正しい方法で対処することで、素早くトラブルを解決しましょう。

この記事では、トイレ詰まりの原因と対処法について詳しく解説しますので、ぜひご覧ください。



トイレ詰まりで水が引かない原因と対処法


日常生活を楽しんでいて、突然トイレの水が引かなくなるという状況は予測できるものではないので、多くの方が困惑してしまいます。

ここでは、トイレが詰まる原因と対処法を詳しく見ていきましょう。


異物がトイレに詰まっている


このトラブルは、一般的に起こりやすいものです。日常生活で不意にトイレに落としてしまった小物や、誤って流してしまったティッシュの固まりなどが引き金となって水が引かなくなることがあります。このような場合、まずはラバーカップ(スッポン)を使って解決する方法が推奨されます。詰まってしまった便器の排水口にラバーカップをしっかりと密着させ、押し引きを繰り返すことで、詰まっているものを動かし、水を引かせることが可能です。

この方法は、ティッシュや紙類が詰まってしまった場合に効果的ですが、金属やプラスチックなどの固いものが原因になっている場合は、不十分かもしれません。その際は、無理せず専門業者に依頼しましょう。自分で解決できない詰まりは、専門的な道具や技術を要することが多く、適切な対応を急ぐことが重要です。


水に流せない異物が詰まっている


水に流すべきでない異物が流されてしまうこともあるでしょう。とくに、生理用品やオムツ、そしてプラスチック製品などは水に溶けることなく、排水管に詰まってしまうので注意が必要です。これが原因で水が引かない場合、詰まっていることを目視で確認し、手の届く範囲であればゴム手袋をして取り除きましょう。対象物が深い位置にある場合や簡単に取り除けない場合は、針金ハンガーを使って引っ掛けて取り出す方法もあります。

ただし、これで解決しない場合は、高圧洗浄機などの道具とプロの技術が必要です。無理に自己解決を試みず、早めに専門業者に相談しましょう。


汚れが蓄積している


時間の経過とともに便器の奥深くには汚れやカルキが蓄積してしまいます。これらが邪魔してしまって水がスムーズに流れなくなり、結果的に詰まることがあります。このような場合、市販の排水管洗浄剤を使用して掃除を定期的に行うことで、軽度の汚れならば自宅で対策が可能です。

長年蓄積した頑固な汚れや、紙類が絡みついた大きな塊が形成されている場合は、プロ仕様の専門の洗浄剤や高圧洗浄機を用いた洗浄が効果的です。ここからは専門業者の出番となるため、家庭用の対処法で改善が見られない時はプロに依頼しましょう。


やってはいけないトイレの詰まりの解消方法とは


トイレが詰まったとき、正しい方法で対処しなければ、後になって大きく後悔することになるかもしれません。

ここでは、素人が試しがちな避けるべき詰まりの解消方法を紹介します。これらの方法は、便器の損傷や修理費用の増加につながることがあるため、とくに注意が必要です。


熱湯を流す


詰まってしまった状況を解決するために熱湯を流すといった方法は、インターネット上でしばしば推奨されている方法ですが、実はリスクが高い方法です。高温のお湯は、急激な温度変化をもたらし、陶器製の便器にヒビを入れてしまうかもしれません。

とくに、冬場の温度が低い状態で熱湯をかけてしまうと、温度差により陶器部分が割れてしまうリスクが高まります。こうなってしまうと修理や交換には高額な費用が発生するので避けるようにしましょう。


便器を外す


一部の方は、詰まってしまった場合に便器自体を取り外そうとします。これは技術的な作業であり、専門的な知識がない限りやるべきではありません。取り外す過程で、配管を誤って損傷し、便器自体を壊してしまう可能性があります。

さらに、正しく再設置できない場合、水漏れや他の問題を引き起こす原因となり得ます。詰まりを解消するために取り外す必要がある場合は、プロの業者に作業を依頼するのが最適な判断です。


強い薬剤を使用する


詰まってしまった際に、強力な化学薬剤を使う方もいますが、これも推奨できる方法ではありません。強力な薬剤は、陶器部分や配管を侵食するリスクがあり、使用後に正しい方法で処理が行われない場合、環境に悪影響を及ぼす可能性があります。また、薬剤が皮膚や目に触れると重大な健康問題を引き起こす可能性もあるので注意してください。詰まりの状況によっては、薬剤が効果的でない場合もあります。

たとえば、プラスチック製品などの固形物には効果がないため、薬剤を使う前に詰まっているものを確認しましょう。強い薬剤を使用する場合は、万全な対策ができる専門業者に任せてください。


トイレ詰まりが発生する場所


詰まってしまった際には、解決のためにどこでトラブルが発生しているのか場所を特定する必要があります。トイレの詰まりは便器内だけでなく、目に見えない部分で起こることもあるので視野を広く持ちましょう。

ここでは、トイレ詰まりが頻繁に発生する場所を詳しく解説します。これらの知識を持つことで、より適切な対処法を選ぶ手助けとなるでしょう。


排水口やトラップ


詰まりやすい場所として排水口やトラップが挙げられます。トラップは、不快な臭いや害虫が室内に入ってこないようにするためのU字またはS字形の配管で、この部分に汚れが蓄積しやすい性質があります。紙類や小さな固形物がこのカーブに引っ掛かると、水の流れが悪くなり、結果的に水が引かなくなることがあります。

対策としては、こまめな清掃と、流すべきでないものを流してしまわないように気をつけることが大切です。


配管


詰まりが発生しやすい場所として配管も挙げられます。配管が狭かったり、曲がり角が多い、または配管の勾配が不十分な場合、流れが滞りがちになってしまいます。このような状況では、1回の流す量を控えて、こまめな掃除を行うことが、詰まりを防ぐために効果的です。配管が既に詰まってしまっている場合は、専門の業者による高圧洗浄が解決策となることが多いです。


汚水桝


汚水桝は、家庭から出る汚水を一時的に保持し、固形物や油分を分離する設備です。この汚水桝が正しく機能しないと、排水が適切に流れずに詰まる原因となることがあります。汚水桝が外部のゴミや枯れ葉で覆われてしまうと、水の流れが妨げられ、詰まりにつながります。こまめな点検と掃除が重要であり、とくに悪天候の後は、汚水桝の様子を確認しておきましょう。


トイレの水が引かずに溢れそうな場合は?


水が引かないというトラブルは、家庭内で起こる水回りのトラブルの中でも緊急性が高いものです。放置すると床や他の場所に水が溢れ出し、家財に被害を与える可能性もあります。ここでは、このような状況に遭遇した際に取るべき行動を紹介します。これらの方法は、プロを呼ぶ前に自分でできる簡単な対処法です。


時間をおいてみる


水が引かない原因として、一時的な水の流れの問題や、溶けやすい物質が詰まっている場合があります。このような状況に陥った場合は、1〜2時間程度待ってみましょう。時間が経過することで自然に下がることがあります。

この時間を利用して、他の原因がないか観察するのも1つの手です。ただし、この方法は緊急性が低い場合に限られます。


固形物なら手で取る


トイレの詰まりの原因が目に見えている固形物である場合、その物を直接手で取り除くことが可能です。この時、衛生的なゴム手袋を着用し、便器内の固形物を丁寧に取り出します。この方法は、ペーパーを大量に流してしまった場合や、プラスチック製品などが原因である場合に効果的な方法です。この時に、硬いものを使って詰まっているものを押し込むような行為は、便器を傷つける原因にもなり得るので避けてください。


水道業者に相談する


自宅での対処法を試しても改善されない場合は、専門の水道業者に連絡することを推奨します。特に、水が溢れるリスクがある場合や、原因が判明しない場合は、早急にプロの介入が必要です。水道業者は、特殊な道具を使って詰まりの原因を特定し、迅速に問題を解決してくれます。また、定期的なメンテナンスを依頼することで、将来的な詰まりのリスクを減らすことも可能です。


トイレの水が引かない場合の修理にかかる費用は?


トイレの水が引かないといったトラブルの解決には、以下のような修理作業が含まれることがあります。修理内容とそれに対応する費用相場を表で示します。


















修理内容 費用相場
タンク内部品交換(タンク着脱なし) 10 ,000円~15,000円
タンク内部品交換(タンク着脱あり) 15,000円~30,000円


 


トイレ詰まりの予防策は?


詰まってしまってからでは生活にストレスがかかってしまうでしょう。できることなら未然に防ぎたいものです。ここでは、詰まらせないために効果的な予防策について見ていきましょう。


大量に流さない


トイレットペーパーを大量に使う場合、1度にまとめて流すのではなく、数回に分けて流しましょう。量が多すぎると、排水管の許容量を超えてしまい、詰まってしまいます。お腹が不調で通常より多くのペーパーを使う時は、この点を意識してみてください。適量を守ることで、詰まらせることなく快適に使い続けられます。


トイレに不要な物を持ち込まない


トイレには、流してはいけないものを持ち込まないようにしましょう。たとえば、ポケットに入れたままの鍵やスマートフォンなどが便器内に落ちてしまって詰まりの原因となってしまいます。これらのアイテムが落ちてしまうと、取り除くのが困難になることもあるので注意しましょう。排泄する際に必要ないものは、最初から持ち込まないようにすることで、余計な詰まりを発生させなくて済みます。


誤った節水をしない


節水するためにペットボトルをタンクに入れるなどの方法が知られていますが、水量を不足させてしまい、詰まりの原因となることもあるので注意しましょう。水量が不足すると、トイレットペーパーや排泄物が排水管内で停滞し、詰まってしまいます。節水は大切なことですが、トイレが持っている本来の機能を損なわない方法で行うようにしましょう。


定期的に清掃する


こまめに掃除することも、詰まりを防止するためには欠かせません。とくに、汚れや尿石は、放置することで固まり詰まる原因です。こまめにトイレ内部を掃除することで、これらの汚れが蓄積するのを防ぎ、排水効率を維持できます。


トイレの水が引かない時は慌てずに対処しましょう


いかがでしたでしょうか。詰まってしまって水が引かない場合、原因はトイレットペーパーや、流せない異物、または汚れの蓄積です。ラバーカップや針金ハンガー、排水管洗浄剤などの対処法を試してみるのが効果的です。これらの方法で解決しない場合は、無理に自己解決を試みずに専門の業者に相談しましょう。熱湯を流す、便器を外す、強力な薬剤を使用するなどの誤った方法は避け、適切な対処法を選ぶことで、詰まりを安全かつ迅速に解消できます。詰まりを予防するためには、日常的な注意と定期的な清掃が不可欠です。問題が発生した際は、専門業者に依頼することで確実に解決できます。


ながさき水道職人では、水道局指定店としてトイレのトラブルをはじめとする水回りに関するさまざまなトラブルに対応しています。24時間受付365日訪問を行っているので、トラブルが発生して今すぐ相談したい場合もお気軽にご連絡ください。



監修者

監修者の写真

主任

朝長 大輔

《略歴》

弊社指定の水道メンテナンス研修プログラムを履行し、数多くの現場を経験することで実践的なスキルや最新の技術に関する知識を身に付けてまいりました。
コラムではこれまでの経験から深い理解と実践的なノウハウをもとに水道メンテナンスに関する専門的な知識を広く普及させることを目指しています。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

公式LINEアカウント始めました!お友だち募集中
お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315