【水道局指定工事店】長崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » トイレタンクから水漏れが発生した場合の修理、交換、DIYを自力でやる方法

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレタンクから水漏れが発生した場合の修理、交換、DIYを自力でやる方法

2021年09月21日 トイレの直し方


トイレタンクのなかには水漏れを引き起こす部品がたくさん

トイレタンクのなかには、水を溜めるための部品や、流すための部品などさまざまなパーツがあります。
どのパーツも10年程度で消耗してしまうため、適宜、修理や交換が必要となります。

そのなかでも、トイレタンクからの水漏れを引き起こす要因となりうるパーツは3つです。

・オーバーフロー管
オーバーフロー管は、トイレタンクの底面に設置されている棒状の部品です。
トイレタンク内に過剰に流れ込んだ水を、便器へと流してタンク内の水量を一定に保つ働きを担っています。

このオーバーフロー管ですが、薄い樹脂でできたものが多いため、経年劣化によって折れてしまうことがしばしばあります。
オーバーフロー管が折れてしまうとトイレタンク内に余分な水が溜まり続けてしまうため、タンクからの水漏れを引き起こしてしまうのです。

・ボールタップ
ボールタップとは、トイレのタンク内に給水する役割を担う部品です。
浮き球というタンク内の水を便器へ流す部品や、手洗い管などをすべて含めてボールタップと呼ぶこともあります。
このボールタップについているパッキンが劣化してしまうと、便器に延々と水が流れ続けることとなってしまうのです。

ちなみに、浮き球が付いておらず代わりにフロート部と呼ばれる部品が付いたボールタップもあります。
DIYでボールタップを交換する際も水量調節が簡単にできるので、節水にも貢献してくれる部品です。
もし自力でボールタップの修理、交換を試みるのであればぜひ新しいボールタップはフロート部付きのものをおすすめします。

・排水管
古いタイプのトイレタンクには排水管という部品が付いています。
昔ながらの大きなタンクが備わった和式トイレなどでよく見かける部品です。
隅付タンク式便器という名称で検索するとヒットするでしょう。

排水管は、便器とトイレタンクをつなぐ管の部分です。
この管も、経年劣化によりナットが緩む、パッキンや配管自体が老朽化するなどして水漏れを起こします。
この場合、配水管の修理、交換も可能ですがトイレタンクや便器を丸ごと新しいものへ変えるという方法もあるでしょう。


タンクレストイレの水漏れ修理は業者への依頼が必須

タンクレストイレはトイレの空間全体が広く見え、本体の造りもスタイリッシュ、高い節水効果や防汚加工など嬉しい機能が充実しており人気です。

しかし、そんな緻密に設計されたタンクレストイレであっても長い年数使用することで水漏れを起こすことがあります。
多くの場合、原因となるのは配水管や便器本体の破損です。
排水管は床下から地中に埋まっている部分なので、場合によっては破損部分を特定するために周辺を掘り返す必要があるでしょう。

便器からの水漏れは、ウォシュレットの洗浄ノズルの故障などトイレ本体の修理、交換が必要となります。
つまり、タンクレストイレで水漏れが起こってしまうと、かなり大掛かりな工事やトイレ本体を丸ごと修理、交換となってしまうケースが多いのです。

もちろん便器の交換がしやすい機種もあるので、場合によってはご自分で対応することもできるでしょう。
しかし、交換した後の便器の処分も少々厄介なので注意が必要です。
取り外した便器は産業廃棄物として扱われるため家庭ゴミとして処分することはできません。

産業廃棄物処理業者に有償で処分の依頼をするか、自治体の専用窓口に相談する必要があります。
こうした手間を考えても、タンクレストイレにおける水漏れの修理は業者への依頼が最善と言えるでしょう。


タンクレスのトイレの修理、交換、DIY方法とは?

・オーバーフロー管
折れたオーバーフロー管を交換するには、トイレタンクを取り外してオーバーフロー管を付け替え、トイレタンクを戻すという方法になります。
オーバーフロー管は、ウォーターポンププライヤーと呼ばれる専用の器具でトイレタンクに取り付けられています。
ネジを回す要領で簡単に取り外しができるでしょう。

しかし、オーバーフロー管はトイレタンクの外から差し込むように装着する必要があるので、交換するならまずトイレタンクを取り外さなければなりません。
また、作業を始める前には必ず止水栓を閉め、トイレタンク内の水を空にしてから作業に取り掛かりましょう。
何もせずにトイレタンクを外してしまうと、タンク内の水がトイレ中に溢れてしまうので注意してください。

・ボールタップ
ボールタップから水漏れする場合はパッキンの修理、交換が必要となります。
こちらもオーバーフロー管と同様に、作業を始める前にまず止水栓を閉めましょう。

次に、トイレタンクの外側にあるボールタップがつながっている給水管のナットを緩めます。
そうすることでトイレタンク内に引き抜くかたちで、ボールタップを取り外すことができるので、バルブの先に付いているパッキンを交換しましょう。

・排水管
排水管からの水漏れは、配水管がつまる、部品の緩み、そして経年劣化のいずれかが原因です。
排水管のつまりが原因であれば、吸引ラバーカップを使うことで簡単に対処できます。

つまってしまった便やトイレットペーパーには、お湯を流すという方法もあります。
40~60℃のお湯であれば、便器やトイレの本体に負担をかけずにつまりの原因となったものだけ溶かすことができるでしょう。
部品の緩みは排水管のつなぎ目にあるパーツを締め直すことで解消できます。

長年の使用による腐食で穴が開いている場合は、配水管本体を交換してください。
DIYでの排水管の交換が難しい場合は、ホームセンターで購入できるひもテープやひもシールを活用して水漏れ箇所を塞ぐのも一つの手段です。


トイレタンクからの水漏れにお困りならながさき水道職人にご連絡ください

トイレタンク周りで水漏れが起こると、非常に多くの水がトイレの床に溢れてしまいます。
ながさき水道職人では、長崎市、諫早市、佐世保市、南島原市、島原市、雲仙市などのエリアで、トイレをはじめ風呂場やキッチンなどの水回りトラブルを解決しています。

家のなかでも水回りは毎日使う場所だからこそ、故障してしまった場合は迅速かつ丁寧な対応が求められる場所でしょう。
実績と経験豊富なながさき水道職人のスタッフがお客様の元へと急行し、トイレや風呂場、キッチンのトラブルを解決いたします。


長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315