【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 便器やトイレタンクを修理する前に押さえておくポイント

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

便器やトイレタンクを修理する前に押さえておくポイント

2021年08月11日 トイレの直し方


便器やトイレタンクから水漏れしたら、まず自分で修理をするのか、業者に修理を頼むのかを検討する方が多いでしょう。もし自分で修理をするという場合には、押さえておくべきポイントがいくつかあります。どのようなポイントを押さえておくべきなのかを解説していきます。

応急処置と水漏れ原因の特定

トイレから水が漏れていた場合、最初に行うべきことが応急処置です。応急処置を自分で行うことなどできるのかと思う人がいるかもしれませんが、誰でも簡単に行えます。なぜなら止水栓を閉めるだけだからです。

トイレには止水栓と呼ばれている栓が設置されており、この栓を閉めることでトイレに水が流れなくなります。これでとりあえず水漏れを一時的に防ぐことができるのですが、注意するべき点は、このときトイレが一切使えなくなることです。水を止めてしまったのですから、当然使用後に水を流すことができません。そのため、止水栓を閉めたらすぐに、水漏れの原因を特定することが求められます。

トイレの水漏れの原因で多いのは、下記のようなものです。

・タンク内に設置されている部品の劣化や破損
・タンクとゴムフロートの間にゴミが挟まっている
・タンクや便器に亀裂が入っている
・配管の損傷
・配管に使われているナットの緩みやパッキンの劣化
・便器が詰まっている

まずはどこから水漏れが発生しているのかを確認し、その発生箇所から原因を探ってみましょう。場合によっては原因を特定できないことがありますが、原因がわからなければ自分で修理をするのは不可能なので、業者に依頼して調べてもらうようになります。

便器やトイレタンクの部品の購入方法

便器やトイレタンクから水が漏れている場合には、トイレに設置されている部品が劣化している可能性があります。部品の劣化が原因であれば、部品を交換することで水漏れを改善できます。部品の設置場所によっては自分で交換することができるので、自分で部品を購入してきて修理するという方もいるでしょう。

そこで注意すべきポイントがあります。それは同じ品名の部品であっても、サイズが異なっていれば交換することができないという点です。トイレのメーカーによってサイズが異なる場合がありますし、同じメーカーからサイズが異なる部品が販売されてもいます。間違って購入しないようにするためには、サイズやメーカー名、型番などを書いて、そのメモを持って店に行く方法がよいでしょう。

もしくはあらかじめ部品を取り外しておき、その部品を持って店に買いに行く方法もおすすめです。そうすれば間違って購入することはありませんし、同じものが自分ではわからないときは店員に聞けば間違えて購入してしまうことはないでしょう。

最近はインターネットを使ってネットショップで購入することもできますが、ネットショップでは手元に届くまで時間がかかるため、その間トイレが使えないことになります。よって急ぎの場合には、直接店まで購入しにいくようになります。

分解したときの手順を忘れないようにスマホで撮影

トイレに限らず水回りの部品交換を行う場合には、ネジを外す作業やナットを緩める作業など、いろいろな手順を踏む必要があります。しかし、分解したときに行った手順を忘れてしまうと、元通りに組み立てられなくなってしまうので注意しなければいけません。単純な構造なら忘れないでしょうが、複雑な構造をした部品を分解する場合には手順を忘れてしまうことがあり、戻せなくなってしまいます。

このような事態を避けるための方法は、スマホで手順を撮影しておくことです。もちろんガラケーでも問題はありませんが、最近のスマホやガラケーであれば、カメラ機能だけではなく動画を撮影する機能も備わっているので、動画で撮影します。

写真でもわかるという方であれば、写真の撮影でも問題はありません。ただ、動画のほうがより分かりやすいので、面倒でも動画を撮影しながら解体していけば、手順を忘れてもその動画を見て問題なく組み立てることができるでしょう。しかもスマホやガラケーであれば、動画撮影を簡単に行うことができますし、再生も簡単なのでおすすめです。

昔は携帯電話を水回りで使うことは故障の原因になりましたが、今の携帯電話は防水機能が備わっているものが多いので、安心して使用できます。ただし、便器にスマホやガラケーを落としてしまわないように注意しないといけません。せっかく水漏れを直せたとしても、便器に異物を落としてしまったのでは、水が詰まる原因を作ってしまったことになりますし、携帯電話のような大きなものの場合には、それをうまく回収できないことがあるので気を付けましょう。

水漏れの原因がわからなくても大丈夫

水漏れや詰まりが発生した場合、何が原因でこのような状態になったのかをわからないことがあるでしょう。そんなときでも、ながさき水道職人であれば、しっかりとトラブルを改善することができます。また、どこで水が漏れているのかがわかれば、あとはスタッフに任せてもらえれば修理を行います。

ながさき水道職人は出張範囲が諫早市や長崎市、大村市、西海市、西彼杵郡時津町、松浦市とかなり広いですし、長崎県内なら大半のエリアに対応しています。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315