【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 便器に異物を落とした場合の処置方法

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

便器に異物を落とした場合の処置方法

2021年07月24日 トイレの直し方


トイレで用を足しているときや、トイレを掃除しているときなどに、異物を便器に落としてしまうこともあるでしょう。そんなときにはどのような処置をするのがよいのか、絶対やってはいけないことは何なのかを紹介していきます。万が一のときに備え、処置方法を知っておくのもよいでしょう。

便器に落とした異物は流さずに取る

誤って便器に異物を落としてしまった場合には、流さずに取るようにしましょう。流してしまうと詰まりの原因になるだけではなく、水が溢れてくることもあります。では、どのようにして異物を取るのかを確認していきましょう。

・トイレから見えているのであれば手で取る
異物を落としたときに、トイレから落とした物が見えている状態なのであれば、手で取るのが最も簡単で確実な方法です。もちろん素手で取るのは衛生的にもよくありませんので、長いゴム手袋をはめて取るようにしましょう。水を流していないのであれば、手で届かないぐらい奥に異物が流れてしまうことはあまりないので、手で取れることが多いのです。ただし、取ろうとして異物を奥に押し込まないように注意しないといけません。

・スッポンを使う
異物が奥の方に行ってしまい、手ではどうしても取れない場合には、スッポンを使用するのがよいでしょう。ただし、スッポンを使ったことで、さらに奥の方に異物が流されてしまう可能性もあります。異物が奥に流されてもいいように、スッポンを使う前に止水栓を止め、排水桝を遮っておく必要があります。そうすれば奥に押し込んでしまったとしても、排水桝で異物を回収することができるでしょう。

排水桝はわかりにくい場所に設置されていることが多いので、あらかじめどこに設置されているのかを把握しておく必要があります。排水桝がわかったら、排水桝で異物が遮れるように対策を行い、それからスッポンを使います。スッポンの代わりに、真空ポンプクリーナーを使用するのも効果的です。真空ポンプクリーナーを使用する場合も、スッポンと使い方は同じです。

スッポンを使っていけない場合もある

便器に異物を落とした場合、手で取るか、スッポンを使って排水桝で取るかのどちらかになります。手で取る場合には何を落とした場合でも有効的な方法ですが、スッポンは落とした物によっては使ってはいけないこともあるのです。それはスマートフォンなどの固形物を落とした場合です。スマートフォン以外にも、ライターやプラスチック製のおもちゃなどを落とした場合には、スッポンの使用は避けましょう。可能であれば長いゴム手袋をはめ、手で取るのが最もよい方法です。

しかし、手では届かない場合もあるので、もし出て取り除けないぐらい奥に流れた場合には、排水桝を確認してみましょう。排水桝に流れ着いていない場合には、便器と排水桝の間に留まっているので、業者に依頼をして取ってもらうようになります。

中には針金などを使って引き出そうする人もいるでしょうが、うまく引っかからないことも多いですし、便器にキズを付けてしまう可能性もあるので、無理をしないようにしましょう。もちろん水を流して排水桝まで押し出そうとしてもいけません。

便器に流してよい物といけない物を知る

トイレには本来流してはいけない物を流してしまうと、水が溢れてしまったり、詰まってしまうことがあります。まずは流してよい物と、流してはいけない物を知ることが重要です。基本的に流してよい物というのは、トイレットペーパーと人間の排泄物だけです。その他は流してはいけません。

よくティッシュペーパーやペットの糞などを流す人がいますが、ティッシュペーパーはトイレットペーパーとは違い、水に溶けにくくなっています。そのため、大量に流していなくても詰まる原因になるのです。

また、トイレは人間が使うように作られているので、ペットの糞も流してはいけません。最近はお掃除シートなどでもトイレに流せると書かれている商品が売られていますが、できれば流さない方がよいでしょう。もし流すのであれば、面倒でも1枚ずつにしておいた方が無難です。

本来トイレに流せるトイレットペーパーであっても、1度に大量に流すと詰まる原因になるので、どうしても大量に使用する場合には、何回かに分けて流した方がよいでしょう。できるだけ便器に流してはいけない物は、トイレに持ち込まないことも重要です。流してはいけない物をトイレに持ち込まなければ、確実に異物を流してしまうことを防止できます。

トイレが故障したらすぐに連絡してください

トイレでは水が溢れてくることや、詰まって流れなくなってしまうなどのトラブルが発生することもあります。原因によっては自分で直すことも不可能ではありませんが、無理をして余計に酷くしてしまうと、その分修理代が高くなります。そうなる前にながさき水道職人まで連絡をしてもらいたいと思います。長崎市や大村市、諫早市、雲仙市、平戸市、西海市など、広い範囲をカバーしているので、長崎県内であればいろいろなところに出張が可能です。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315