【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 便器の水が溢れる原因と対処方法

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

便器の水が溢れる原因と対処方法

2021年07月24日 トイレの直し方


トイレを使用して水を流したら、普段はきちんと流れるのに、突然便器の水が溢れてきたらびっくりしますよね。なぜこのような症状が出てしまうのか、主な原因と対処方法を確認してみましょう。原因と対処方法がわかっていれば、焦らず冷静に対応ができます。

水を流したときに溢れてきたらどうするか

もしトイレを使用したときに、水が溢れてきたらどう対処すればよいのでしょうか。いきなり水が溢れてきたら、焦ってパニックになる人もいるでしょうが、落ち着いて対処しなければいけません。

まずやってはいけないことですが、レバーに触れてはいけません。当然また水を流してもいけませんので、まずは水が流れないようにします。そのためには止水栓を止めることが重要です。トイレの止水栓がどこに取り付けられているのかを、事前に把握しておきましょう。

最近は便座を保温する機能が取り付けられているトイレやボタン式のトイレ、自動洗浄タイプのトイレなども存在しています。これらのトイレを使用している場合、コンセントにコードを差し込んでいるのが一般的です。もし水が溢れて流れ出た場合には、ショートしてしまう可能性があるので、すぐにコンセントを抜きましょう。差し込み口にはテープを貼り付け、水が浸入しないように対処することも重要です。

床が濡れてしまった場合、きちんと排水できるぐらいの水漏れであればまだよいのですが、トイレの外に流れ出るぐらい大量に水漏れが発生してしまうと、二次被害が出る可能性があります。漏れた水はすぐに拭き取り、トイレの床もきれいにしておきましょう。

便器の水が溢れる原因は何か

便器の水が溢れる原因の大半が、本来トイレには流してはいけない異物を流すことです。一口に異物と言ってもいろいろとありますが、基本的に便器にはトイレットペーパーと人間の排泄物以外は流してはいけません。

公衆便所などでは、よくティッシュペーパーやタバコ、ガムなどを故意に流す人がいます。そのため、こうした異物を流さないように注意書きをしているのを見かけることがあるでしょう。故意ではなくても、掃除をしているときにスマホやカギ、ペンやハンカチなどを落としてしまうこともあるかもしれません。

当然これらも異物なので、落としたらゴム手袋をはめて、きちんと取り除くことが大切です。小さなものだから流しても問題ないだろうと思って流してしまうと、水が詰まって溢れ出してくることがあります。また、落としたときに勢い余って奥の方に流れてしまうこともありますが、そんなときにも水を流すのではなく、業者に依頼をして取り除いてもらった方がよいでしょう。

もちろん異物を便器に落とさないことが1番重要なのですが、そのためにはトイレに不要な物は持ち込まないことが大切です。特に掃除をするときには、小さなおもちゃやスマホ、カギなどはポケットに入れておくのではなく、テーブルなどに置いて掃除をすれば、誤って便器に落としてしまうこともありません。

水を流したら溢れてきた場合の対処方法

もし便器の水が溢れてきた場合には、いくつか対処法があります。どのような方法があるのか、確認してみましょう。

・お湯を流す
・重曹とお酢を流す
・ラバーカップを使う
・真空式パイプクリーナーを使う

このようなやり方があります。まず、お湯を流す場合には、熱湯を使用してはいけません。大体40度から50度ぐらいの温度にするのが適切です。重曹とお酢を流す場合には、まず重曹を先に入れてからお酢を入れましょう。お酢の代わりにクエン酸を使うこともできますが、クエン酸を使うときも、重曹を先に入れてから使用しないといけません。ただし、大量に水が溢れてきた場合には、お湯を流す方法と、重曹とお酢を使って流す方法は使えません。この2つはあくまで水が流れる状態のときに行う方法です。

便器から水が溢れ出てしまうような場合には、ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使うのがよいでしょう。ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使う場合、洋式用と和式用が存在しているので、買い間違いのないように注意しなければいけません。使用方法はどちらも一緒で、便器の水が貯まっている部分に押し当て、押す動作と引く動作を何度か繰り返し行います。

もし水がスムーズに流れるようになれば改善されている証ですが、全く改善されない場合や、最初から全く水が流れない状態だった場合には、業者に依頼をするしか方法はありません。どれぐらい水が溢れてくるのかをきちんと見極め、どの方法が適切なのかを判断しましょう。

トイレの水トラブルもながさき水道職人にお任せください

最近はリモートワークをする人が増えているため、以前より頻繁にトイレを使用することが多いでしょう。当然、不具合が発生する確率も上がります。トイレの場合には、便器から水が溢れてくることや、水が流れなくなってしまうトラブルが起こりやすいのですが、このような事態になったら、ながさき水道職人まで依頼をお願いします。佐世保市や諫早市、大村市、島原市、西海市、松浦市など、長崎県の広範囲に出張が可能です。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315