【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 給湯器の水漏れを放置するのは危険

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器の水漏れを放置するのは危険

2021年08月11日 給湯器の水漏れ


給湯器は水を温めるための機械なので、当然のことながら水が通るように設計されています。水が通っている以上、故障や劣化などがあれば水漏れしてしまう可能性がゼロではありません。給湯器から水漏れした場合、それを放置するのは危険なので、早急に修理をする必要があります。そこで給湯器の水漏れが起きる原因や、対処法について確認していきたいと思います。

給湯器の水漏れを放置して起こる危険なトラブル

給湯器の水漏れを放置していると、いろいろと危険なトラブルが発生する可能性があります。では、どのようなトラブルが発生するのかを確認していきましょう。

水漏れをして放置しておくと、水道代が急激に高くなることがあります。水道局は水漏れをしている分を差し引いて水道代を請求するわけではないので、その家で使用した水の全てが請求金額に含まれます。水漏れしているかしていないかは関係ないのです。つまり無駄な水道代を支払う結果になるので、水漏れを発見したらすぐに対応する必要があります。

さらに、水道代が高くなるだけなら、自分がお金を余分に支払うだけで済むのですが、給湯器から大量の水が噴き出してくることがあると、もしマンションなどの集合住宅の上層階に住んでいる場合には、下層階に被害を与えてしまうことになります。そうなれば下層階の人とのトラブルに発展することになるでしょうし、賠償責任が発生することもあります。

また、場合によっては給湯器の水漏れを放置することで、重大な事故に繋がることがあるのです。それはときどきニュースなどで問題になっている一酸化炭素中毒です。一酸化炭素中毒というのは、ガスの不完全燃焼で発生する事故なのですが、屋外に設置されている給湯器にも発生する可能性は十分あります。

給湯器にはバーナーが取り付けられており、水漏れによってバーナーがきちんと点火しないと、不完全燃焼を起こしてしまうのです。不完全燃焼が起きている状態の屋外の給湯器のそばの窓を開けてしまって一酸化炭素を吸ってしまうと、一酸化炭素中毒になることがあるのです。

給湯器から水漏れが発生する原因

給湯器から水漏れが発生するのには、必ず原因が存在しています。そこで、どのような原因で水漏れすることが多いのかを確認してみると、下記のような原因が考えられます。

・経年劣化
・配管の凍結
・初期不良
・長期間の不使用

もちろん上記以外の原因によって水漏れすることもあるのですが、この4点がよくある水漏れの原因となっています。給湯器も人が作った製品なので、年月の経過とともに劣化していきます。そのため、10年以上が経過したら、その交換を視野に入れておくとよいでしょう。

また、経年劣化ではありませんが、給湯器を長期間使用しない状態が続くと、使用している状態よりも早く劣化する傾向があります。出張などでしばらく給湯器を使っていなかった場合には、配管の凍結や部品の劣化などによって水が漏れることが考えられるので注意しましょう。特に冬場は配管が凍結しやすいので、事前に水抜きをしておくなどの対策が必要です。

さらに、滅多にあることではありませんが、初期不良によって水漏れを起こすことがあります。新しい給湯器に交換をしたときには、水漏れしていないかどうかを確認するとよいでしょう。もし水漏れしている場合には、すぐに購入した店に連絡し、正常な給湯器に交換してもらう必要があります。

水がポタポタ垂れてきたときの対処

給湯器から水がポタポタと垂れているのを見つけたら、最初に行うことは給湯器を止めることです。コンセントを抜いて給湯器を止めないと、水漏れによって二次被害が出る可能性があります。給湯器を止めたら、今度はどこから水が漏れているのかを確認しましょう。

水が漏れている箇所だけではなく、どれぐらいの量の水が漏れているのか、水の色はどのようかも確かめる必要があります。水抜き栓から水が漏れている場合には、1度電源を入れて、試しにお湯を出してみましょう。正常にお湯が出れば問題はありません。

他の部分から水が漏れている場合や、電源を入れてお湯を出したら正常に使用できなかった場合には、業者に連絡して修理してもらいましょう。ただし、給湯器を設置して10年以上が経過している場合には、修理ではなく買い替えたほうが無難です。

賃貸住宅に住んでいる方には、そこの給湯器が設置されてからどれぐらい経過しているのかがよくわかりませんし、勝手に交換することはできないので、大家や管理会社に連絡しなければいけません。賃貸住宅の場合、経年劣化による水漏れであれば、修理費用を大家や管理会社が負担してくれます。借りている人の負担は一切ありません。給湯器の取り扱いを誤ると危険なので、できるだけ自分では修理しないほうがよいでしょう。

ちょっとした水漏れでも対応できます

水漏れには程度がありますが、ちょっとした水漏れや、誰でも簡単に行えるようなパッキンの交換であっても、ながさき水道職人は対応いたします。諫早市、大村市、佐世保市、壱岐市、松浦市と言った長崎県の広範囲で対応しておりますので、連絡をいただければすぐに駆け付けます。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315