【水道局指定工事店】長崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 軽視してはいけない床の水漏れトラブル

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

軽視してはいけない床の水漏れトラブル

2021年06月12日 水漏れトラブル


床が濡れているときの対処法は

キッチンや洗面所の床がいつも濡れているという家庭は多いようです。
蛇口を勢いよく開ければ飛び散ってしまいますが、それだけでベチョベチョの状態にはなりません。
洗面所で歯を磨いているときに靴下が濡れるなどの状態は正常ではないのです。

床に水が飛んだだけならば、その場で拭けばまったく問題ありません。
フローリングの多くはコーティング施工がされており、水分をはねのけてくれます。
コーティングが剥がれてきていても、素早く拭けば大丈夫です。
コンクリート床の場合はひび割れが発生していなければ、下まで染みていく可能性は低いです。

注意したいのは常に水が漏れている状態であり、床材を通過してしまう可能性があります。
床材全体が脆くなれば、穴が開いてしまうかもしれません。
特にフローリングはつなぎ目から漏れやすいので、注意してください。
フローリングの内部まで濡れている状態であれば、張り替えをしたほうがいい場合もあります。
いずれにしても床の水漏れを放置しておくと、多額の出費に見舞われる可能性が高いです。
不要な出費を抑えるためにも、早めに修理を行っておきましょう。


床を腐らせないために大切なこと

水分を含むとモノはやわらかくなる性質があります。
本来は堅い木材であっても、爪で簡単に傷をつけられるほどモロくなってしまうのです。
雨に濡れ続けた木材は、手でほぐせるほど弱くなるでしょう。
床を腐らせないためには、定期的に床のチェックを行っておいてください。

床が濡れてしまう場合、ほとんどは蛇口から床までのどこかでトラブルが発生しています。
蛇口から漏れていないのであれば、排水ホースの破損や部品の摩耗などが原因かもしれません。
キッチンや洗面所などの設備は、経年の影響によって機能が低下していきます。
シーリング作用も弱くなりますから、次第に漏れやすくなってくるのです。
それゆえ大切に使用していても、いつかは壊れると考えてください。


二次被害で特に恐ろしい事態とは

床が腐ると床材が脆くなり、少しの刺激で壊れてしまう場合があります。
カビやダニの温床にもなりますので、常に濡れている場所があるなら気をつけてください。
漏れている箇所は高湿度になり、害虫を寄せ付けるリスクもあるのです。

最も困るのはシロアリが巣を作ってしまう場合で、そうなると住宅はどんどん侵食されていきます。
シロアリは産卵しますので、加速度的に増えていくのです。
住宅の柱や床がスカスカになると、震災被害を受ける可能性が高くなります。

恐ろしい二次被害には漏電もあり、これは火災につながるので要注意です。
火災は建物全体に及ぶので、マンションで発生すると特に大変です。
また一戸建てで発生した場合でも、周辺の住宅に飛び火してしまうリスクがあります。


水漏れをいち早く見つけるために

日常生活における小さな変化を見逃さないようにしましょう。
たとえば水道代が急に高額になった場合は要注意です。
家族が増えるなどの明確な理由があれば問題ないですが、生活に変化がないのに料金が急に高くなるのは普通ではありません。

水漏れの多くは目に見えるところで発生していますので、発見はそれほど難しくないでしょう。
収納扉内のどこかで発生している場合でも、漏れは床に伝わっていくので発見は容易です。
収納扉はほとんど開けないという家庭でも、床がベショベショになっていれば漏れを疑うはずです。

放置しておいてフローリングやコンクリート床を交換する状態になると、予期せぬ費用がかかります。
住宅を長持ちさせるためにも、定期的に修理・リフォームを行っておきましょう。
リフォームをやらないことが節約につながると考えている方がいますが、最終的に大掛かりな工事が必要になりますので、実際は金銭的デメリットが大きいのです。


集合住宅での水漏れが深刻なわけ

持ち家で水漏れが発生するのも大変ですが、集合住宅だとさらに面倒なことになります。
マンションやアパートには他の住人も住んでいますから、自分事ではすまされないのです。
天井から水漏れしてくる場合は、雨漏りのケースもありますが、上の階の住人が使用するキッチンや洗面所に問題があるケースも多々あります。
住人トラブルの原因になりかねませんし、退去するときに大家さんや管理会社から原状回復を求められる可能性もあります。

さらに困るのは漏電して火災が発生するケースで、そうなればマンション全体に被害が及んでしまうでしょう。
マンションにおける水漏れは、トラブルの種類によっては火災保険が使える場合があります。
一般的に給水管や排水管などの設備老朽化、故障に伴うものは補償適用となることが多いです。

ながさき水道職人は水の問題を解決するために数多くのサービスを用意しています。
長崎市、佐世保市、諫早市、大村市などの長崎県全域にネットワークを有しますので、地域の方は気軽にお声をかけてください。
キッチンや洗面所、浴室、トイレなどの修理に精通しています。
ながさき水道職人では専門スタッフが責任を持って水漏れや詰まりなどのトラブル解消にあたっています。


長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315