【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 賃貸物件は特に注意!水漏れトラブルの加害者になってしまったら?

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

賃貸物件は特に注意!水漏れトラブルの加害者になってしまったら?

2021年07月29日 水漏れトラブル


水漏れトラブルは家じゅうで起こる!

キッチンやトイレ、お風呂場など、水回りに付き物なのが水漏れによるトラブルです。水道のメンテナンスを怠ってしまうと、本来流れるべき排水溝に水が流れなくなり、給水管の劣化などで水が溢れ出してしまうという事態にもなりかねません。

水漏れのトラブルで特に厄介なのが、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる場合です。階下に部屋がある場合などは水漏れが起こると水が伝ってしまうケースがあります。一階に住んでいるから関係ない、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、一階であっても床下で水道管からの漏水があった場合は床から水が染み出してくるケースもあるため、無関係ではありません。

こうした水漏れによる被害が起こった場合、水回りの修理費やときには水で使えなくなってしまった家電や家財道具の損害を巡り、大きなトラブルとなってしまうこともあるのです。今回は、水漏れトラブルに伴う二次被害と、補償はどうなってしまうのかを解説します。

水漏れトラブルによって起こる二次被害とは

トイレや排水溝の詰まりや寒冷地での冬場の水道管破裂など、水漏れを引き起こす原因はさまざまです。こうした原因で水が室内に漏れてしまうと、床材を傷める原因となります。フローリングなどの木材は水に弱く、漏れ出した水に気付かずに時間が経ってしまうと床材がめくれてしまう事態に陥りかねません。そうなるとフローリングを張り替える必要性が出てきます。

床の張り替えまでいかなくとも、溢れた水をただ拭き取っただけで除菌や乾燥させる作業を怠ってしまうと、部屋にカビが生える原因となります。カビはアレルギーの原因になるなど、健康被害を起こすこともありますので注意が必要です。

木造建築の場合は木材に水が染み込んでしまうと建物そのものが腐ってしまったり、湿った木材にシロアリが住み着いたりと、住宅そのものに被害が出る恐れもあります。シロアリは種類によっては建物そのものを倒壊させてしまうほどの被害が出ることもあるのです。

また、床から伝った水が階下に染み出すケースも比較的よく起こるトラブルです。集合住宅の場合や、建物の上層階に水回りの設備があるご家庭では、階下の部屋で家財や家電が壊れてしまうこともあります。集合住宅の場合は、被害の責任を巡って対人トラブルに発展することも珍しくありません。

トイレや排水口の詰まりなど、目に見える箇所での水漏れはまだ被害が小さいうちに対処ができますが、厄介なのが床下など普段目につかない場所で水道管が破損していた場合です。上階では何も異変がないまま階下にだけ水が流れ出しているケースも、意外と起こり得るのです。

水漏れトラブル修繕費は誰が持つ?

戸建ての住宅であれば水漏れによる修理も家財の買い替えも、すべて自己責任で行うこととなります。集合住宅にお住まいの場合は、ケースごとに修繕費を誰が支払うのかが変わってきます。

・入居者側に過失があった場合
掃除が不十分で排水溝が詰まっていた、トイレの流れが悪いのを放置していた、水漏れ箇所に気付いていたけれど修繕を申し出なかった、などのケースでは、入居者が修理費用を負担しなければならない可能性があります。もしも階下の部屋にまで水漏れの被害が広まってしまっていた場合、損害賠償を求められることもあり得るのです。水漏れに気が付いたら、早めの対処を行うことで被害を最小限に抑えることが可能です。

・設備の老朽化による場合
水道管も老朽化によって傷ができて不具合が発生することがあります。こうした水道管などの設備が原因となって水漏れが起こった場合は、通常であれば管理会社や大家さんが修理費用を負担することになります。ですが先に述べた通り、水漏れを起こしている可能性に気付いていたにも関わらず管理会社に報告をしなかった場合、入居者側の過失として修理費用の負担に応じてもらえない可能性があるのです。

水漏れの可能性がある場合は、放置せず大家さんか管理会社にすぐに報告をする必要があります。給水管の耐用年数は材質によって違いますが、亜鉛メッキ鋼管の場合は15年から20年ほどで交換の必要が出てきます。築年数の古い物件に住む場合は特に、点検がきちんとされているかを確認するようにしてください。

火災保険に加入しましょう

一戸建ての場合も集合住宅に住む場合も、火災保険への加入が重要です。火災保険には水濡れに関する特約が付いている商品が多く、こういった水漏れによる被害があった際に、状況に応じて費用を補償してくれることがあるためです。集合住宅などの水漏れで、階下の部屋に被害が出てしまった場合も保険が下りる可能性があるため、加入はできているかを確認することをおすすめします。

水漏れトラブルの際は専門業者に相談を

ながさき水道職人は、トイレ、キッチン、お風呂場、洗面所など水回りのトラブルを解決する専門業者です。排水管の詰まり除去や破損箇所の修理、漏水調査など、さまざまなトラブルに対応いたします。長崎市をはじめ、佐世保市、諫早市、松浦市、南松浦郡など、県内の各エリアに出張いたします。お困りの際は、ぜひながさき水道職人にご相談ください。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315