【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 新型コロナの家庭内感染を予防するならトイレに着目を

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

新型コロナの家庭内感染を予防するならトイレに着目を

2021年05月05日 新型コロナウイルス


COVID-19に特に注意したい高齢者

高齢者は免疫力が低下しているため、COVID-19の感染リスクが高いです。また、若者より重症化する可能性が高いので、より入念な予防対策が必要です。高齢者はなるべく自宅で過ごすことがポイントですが、家庭だから安心ともいえません。COVID-19に感染した他の家族がウイルスを持ち帰ってしまうケースがあるためです。

ウイルスがついた手でドアノブを触ると、ウイルスが移ってしまうでしょう。そして一人から大勢にウイルスが移り、感染リスクを高めるわけです。肺炎になったことのある方、喫煙習慣のある方などは特に注意してください。

免疫力を上げるためには、規則正しい生活をすること、身体を温めることがポイントです。食生活の乱れや寝不足にはくれぐれも注意しましょう。風邪をひきやすい人、冷え性の人などは免疫が低くなっている可能性があります。

なぜ排泄物が感染経路になるのか?

排泄物が原因で感染すると聞いてもイメージが難しいかもしれません。トイレに行くのが間に合わず、排泄物を漏らしてしまう場合なら可能性はありますが、トイレで普通に用を足しているのに排泄物に触れる心配はないと考える人が多いでしょう。しかし、実際は排泄物を介する感染が数多く認められています。

たとえば、おしりを拭くときに、手に排泄物がつくことがあるのです。ほとんど無臭の状態であっても、ウイルスだけ付着していることがあります。手にウイルスが付着しているだけなら感染リスクは低いですが、その手で口に触れてしまうと問題ありです。

「自分は口に触れていないから大丈夫」という人も、実際は数分おきに触れていることが少なくありません。用便後に水を流したときは、汚水がかなり遠くまで飛んでしまいます。特に下痢は飛びやすいので、流すときは便の上にトイレットペーパーを乗せ、それから便器のフタを閉めてから流しましょう。

トイレに着目!新型コロナの家庭内感染を予防しよう

トイレに着目することによって、新型コロナの家庭内感染を予防することにつながります。以下では、どういった方法で新型コロナウイルスを予防すればいいのか紹介していきます。

・アルコール消毒してウイルス撃退
新型コロナウイルスを撃退するには、アルコール消毒が効果的です。スイッチや温水洗浄便座の操作盤などは、特に触れやすい場所でしょう。アルコール消毒における注意点は、アルコール消毒ができない場所があることです。アルコールに弱い部品が使われている場合があるので、取扱説明書をチェックしておいてください。

アルコールは手に付着したウイルスを死滅させるためにも役立ちます。手洗いができないとき、徹底した消毒をしたいときなどにも活用してください。アルコールの除菌力は非常に高く、なかには、99.99%の除菌ができる商品もあります。アルコールを使用する場合の注意点は、火元がないことを確認することです。くれぐれもタバコを吸いながらアルコールを取り扱うことは避けてください。

・換気を頻繁に行おう
リビングなどの換気に加えて、トイレと浴室もしっかりした換気を行いましょう。なぜなら、狭い空間ほど短時間でウイルス濃度が上昇するからです。

換気をするときのポイントは、トイレや浴室の扉をずっと開けておかないということです。高濃度のウイルスの存在する空気が室内にまで及んでしまうためです。換気の頻度は多ければ多いほどよいですが、開けっ放しはよくありません。そのため、1日に3回を目安にし、事前に決めた時間に換気をするようにしてください。

・界面活性剤入りの洗剤で掃除しよう
新型コロナ対策では特別なトイレ掃除が必要だと思うかもしれませんが、普通の方法で問題ありません。「ゴム手袋を着用して表面活性剤で洗うこと」「手の触れる場所は除菌しておくこと」などが大切です。

普段、換気をしていない場合は、掃除するときに窓を開閉したほうがいいでしょう。もし、トイレ内にウイルスが浮遊している場合、掃除中に吸い込むことになります。一番よいのは5分くらい窓全開で換気をし、それから掃除をはじめることです。換気が難しい状態にあるなら、マスク着用をするのもいいでしょう。ただ、掃除中に感染するリスクは低いので、それほど気にする必要はありません。

風邪とインフルエンザ対策との共通点とは

新型コロナ対策は、風邪やインフルエンザ対策と似ています。「水道水で手洗いする」「うがいをして口内のウイルスを流す」などの対策が役立ちます。石鹸を使用して手洗いすれば、石鹸未使用の場合と比べてウイルスを100分の1まで減らすことが可能です。

水道水を使えない状況であれば、アルコールスプレーや除菌シートなどで殺菌しておきましょう。あとはなるべく外出を控えること、トイレに滞在する時間を減らすことなどが大切です。

十分な対策を取って修理に励んでいます

ながさき水道職人は迅速な見積もり、トラブルの解決を売りにしています。長崎市、佐世保市、諫早市、大村市などの長崎県全域で作業経験があり、またリピートしたいと思っていただける作業を意識しています。トイレや浴室、キッチン、洗面所などの水まわりのお悩み解消が得意です。

新型コロナウイルスの対策を行ったうえで修理作業にあたっています。水道修理業者選びで迷ったときは、ながさき水道職人にご連絡をお願いいたします。全スタッフ新型コロナウイルス対策に万全を期しておりますのでご安心ください。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315