長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » トレイタンク内の故障を解説!オーバーフロー管が折れたときの対処法は?

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トレイタンク内の故障を解説!オーバーフロー管が折れたときの対処法は?

2021年02月07日 トイレのトラブル
長崎_16
 
トイレタンク内で水漏れトラブルが発生する原因はさまざまですが、その中の一つがオーバーフロー管の破損です。「トイレの水が止まらない…」と悩んだときには、まずはここをチェックしてみましょう。オーバーフロー管に関する基礎知識と、破損の際の対処法を教えます。
 

オーバーフロー管とは?

オーバーフロー管は、トイレのタンク内に設置されている部品の一つです。細くて長いパイプ状の部品で、何らかの事情でタンク内への給水が止まらなくなった場合に、タンク上部からの水漏れ被害を発生させないために取り付けられています。たとえ給水管からの水の流れが止まらなくても、オーバーフロー管よりも水位が上になれば、管を通じて余分な水が排出される仕組みとなっています。
 
オーバーフロー管は、いわゆるトイレタンクの安全装置です。破損すると、その部分から水がタンク内に流れ出てしまうことに。安全装置としての意味を果たさなくなってしまいます。より具体的なトラブルは、以下のとおりです。
 
・タンク内の水が、いつまで経ってもたまらず水が流せない
・トイレの水が止まらない
 
オーバーフロー管が破損した場合、交換すれば大丈夫です。気になるトラブルもすぐに解消できるでしょう。水が止まらない・流せないとなれば、困る場面も多いもの。パイプとコーキング剤でオーバーフロー管の応急処置をすることも可能ですが、DIY作業に慣れていない場合は避けた方が良いでしょう。とりあえずは以下の方法で、困りごとを解消しましょう。
 
・バケツにためた水で排泄物を流す
・止水栓を止めて給水を止める
 
トイレの状態が安定したら、改めてオーバーフロー管の交換について検討してみてください。
 

破損したオーバーフロー管はDIYで交換可能!

自宅のトイレに合うオーバーフロー管を入手したら、自分で交換してみましょう。具体的な手順は以下のとおりです。
 
1.止水栓を閉める
2.タンク内の水を、全て抜く(レバーを操作する)
3.給水管をトイレタンクから取り外す
4.タンク内の部品を、全て取り外す(ボールタップなど)
5.タンクを便器から取り外す
6.古いオーバーフロー管を取り外し、新しい管を取り付ける
7.全ての部品を元通りに取り付ける
8.止水栓を開いて給水する
9.ボールタップを調整して修理完了
 
取り付けられている部品のほとんどは、該当部分のナットを緩めれば取り外し可能です。決して難しくはありませんから、ひとつひとつ確実に作業していきましょう無理矢理作業を進めると、部品を破損してしまう可能性も。特に老朽化が進んでいる場合は、慎重に作業してください。また新品のオーバーフロー管を取り付ける際に、折ってしまうこともあります。せっかくの部品を無駄にしないようにしましょう。
 
もう一点注意したいのが、陶器製のタンクの重さについてです。支えて作業するため、ある程度の力が必要になります。タンクを落として破損すれば、トイレ全体の取り替えが必要になるケースもあるので、こちらも充分に注意してください。「難しい」と思ったときには、修理業者に依頼するのがおすすめです。
 
オーバーフロー管のDIY修理に挑戦した結果、以下のようなトラブルで悩む方も少なくありません。
・購入した部品が取り付けられない
・取り付けは完了したものの、水漏れトラブルが解消していない
 
これらの場合も、その後の対応はプロにお任せするのがおすすめです。オーバーフロー管以外にも問題が隠れているケースもあるので、プロの目でチェックしてもらうと安心できます。
 

DIY交換と業者依頼、気になる費用の差は?

オーバーフロー管の修理で気になるのが、修理にかかる費用についてです。修理費節約のためにDIY修理を検討しているものの、費用によってはプロに依頼した方が…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
 
DIY修理で必要となるのは、基本的に部品代のみ。オーバーフロー管の価格はメーカーによっても異なりますが、3,000円~4,000円ほどで購入できます。修理に必要な道具が揃っていれば、他に費用がかかることはありません。非常にリーズナブルに対処可能です。
 
一方で、業者に依頼した場合は部品代に作業料金や出張料金が加算されます。作業内容によっても請求金額は変わってきますが、部品代やトイレタンクの脱着のための費用を含めて、2万円~3万円程度になるケースが多いようです。決して安くはありませんから、何にどれだけの費用がかかっているのか、見積もりではっきりさせた上で依頼するのがおすすめです。
 
DIYで修理した場合と業者に依頼した場合の金額差は、1万5,000円~2万5,000円程度です。安いとみるか高いとみるかは人それぞれですが、安心・確実に修理してもらえるのが業者に依頼した場合のメリットでもあります。特にトイレは、家族みんなが頻繁に使う場所で、「故障したままでは困る」という方も多いのではないでしょうか?「できるだけ早く修理したい」と思う場合も、水回りの修理業者に依頼するのがおすすめです。
 

ながさき水道職人がオーバーフロー管を交換します

オーバーフロー管の故障は、トイレタンクの水漏れから発覚するケースが多くあります。とはいえタンクの水漏れの原因はオーバーフロー管の故障だけではなく、その他のトラブルがないかどうかを確認しながら作業を進めていく必要があるでしょう。
長崎県でお困りの方は、ながさき水道職人にご連絡ください。佐世保市や諫早市、大村市などで迅速対応いたします。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315