【水道局指定工事店】長崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 水道管の破裂!応急処置と原因、修理コストに活用できる制度をご紹介

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道管の破裂!応急処置と原因、修理コストに活用できる制度をご紹介

2022年12月26日 水道管のトラブル


水道管の破裂が起こったときどうすればよいかわからないと思っている方も多いでしょう。しかし、その問題に適切に対応しなければ被害は広まってしまいます。

そこで、今回は水道管が破裂した際の応急の処置と原因の理解、修理コストに活用できる制度について解説します。

自宅の水道管が破裂した際の対応法


水道管がパンクした際には、落ち着いて対応することが重要です。被害をできる限り抑えるために、以下の説明を参考にして作業を的確におこなえるようにしてください。
止水栓を閉めて万全の体制を
水道管がパンクしてしまった場合、まず止水栓を閉めます。止水栓を閉めれば水流も停止できるので、水漏れの被害を軽くできます。止水栓は水道メーターの側にあるケースがほとんどです。

止水栓のレバーハンドルはドライバー方式、ハンドル方式、内ネジ方式など数種類にわかれています。いずれの種類でも、普通は右側に回せば閉められます。

水道管がパンクしたときに止水栓の場所が見つけられなかったり、硬直して上手に動かせなかったりするときは、無理やり自力で作業せず水道業者に依頼しましょう。
破裂したところを布やテープで補強
パンクしたところに手が行き届くときは、自力で応急処置できます。

不要なタオルを準備し、水道管がパンクしたところに巻き、テープを用いて確実に固めてください。この対処をすれば、水漏れ被害をコントロールしやすくなります。

水漏れで水道管の周囲がぬれている場合は、水を拭っておくといいでしょう。その上でパンクした水道管の下部にバケツを準備すると、漏水で再び周囲が水浸しになるのを避けられます。また、水道管に巻きつけたタオルがいくらか水を吸いとったら、新品のタオルに取り替えてください。

ただ、これはあくまで応急の作業です。このスピード処置をしただけでは破裂のダメージは復旧されないので、できる限り早く基本的な工事ができるよう手配しましょう。
水道業者に工事依頼する
水道管がパンクの心配があるときは、早急に水道業者へ工事依頼してください。自力作業は応急の対処だけにして、事故が悪化する前に水道業者へお願いしましょう。
水道管破裂時の室内と外の状況
水道管が爆裂すると、水まわりにはいろいろな症状が出てきます。室内で水漏れが起こると、全ての床が水浸しになります。トイレで水漏れが起これば、汚物を含んだ水が逆に流れて屋内が汚れるケースもあるので注意が必要です。床だけでなく、壁面や家具などにも被害する危険があります。

くわえて、外の水まわりで水道管がパンクすることもあります。外の水漏れはわかりにくいので、知らぬ間に広いエリアで水浸しが起こっているかもしれません。

水道管がパンクすると水道管とは無関係のところにもダメージが広がってしまうので、できるかぎりスピーディーに対処することが大事です。

水道管破裂の原因


水道管パンクの原因は、シチュエーションによっていろいろです。先述の症状やこちらで紹介する状態に該当するときは、水道管パンクに当たるかもしれません。
長期使用によるもの
水道管は時が経つと緩やかに摩耗していくので、その老朽化がパンクの原因になることがあります。

水道管の寿命は10〜15年くらいです。ただし、水道管のサイズや材料にプラスして、水道の利用方法によっても寿命は変化していくので、使い始めてから10年くらいでパンクするケースもありますが、何十年経ってもトラブルなく使用できていることもあります。

水道管の大部分は壁内や地下部分にあって確かめられないので、予防しづらいのが現状かもしれません。

水道管が破れて水が漏れているとき、水道コストが以前より高くなることもあります。この後に「工事費用にも当てられる制度」で触れている制度もあるので、問題に伴ってかかるコストが不安なときは参考にしておくことをおすすめします。
凍結による水道管のパンク
寒い地域で水道管が凍結すると、パンクの原因となります。水は凍ると体積が増し、水道管を中側から押し出すためです。
水道管の中身の水が凍るのは、気温がマイナス4度以下のときだといわれています。水道管が日の当たらない場所にあったり冷風が当たっていたりすると、気温がマイナス4度以下になっていなくても水道管が凍結することがあります。

水道管が凍結を防ぐためには、きちんと対策しておくことが重要です。水道管に温度を保つためのカバーを被せたり、水道水をちょっと出して流したままにしたりする手法があります。
地震被害による水道管のパンク
地震被害の強いショックがあると、水道管をパンクさせる原因になります。とりわけ、長期間使っていて老朽化が進行している水道管であれば、わずかな地震被害でもヒビが入ることがあります。新品の水道管でも、地震被害の大きさによってはパンクする危険もあるので注意しなければなりません。

地震被害が水道管にどれだけのショックを与えるかは、現実的に地震被害が発生してからでないとわかりません。地震被害が起こったときは、地震がおさまったプロセスで家の水道管がパンクしていないかきちんと確認しましょう。

破裂した水道管を対処する際のポイント


水道管がパンクした場合は、特別な対処をしなければなりません。自力では対応できない作業があり、シチュエーションによっては依頼先を選ぶ必要もあるので、この時点でチェックしておきましょう。
有資格者限定の水道管作業がある
水道管のパンクを工事するには、給水装置工事主任技術者や水道技術管理者といった資格が必須です。

また、水道局指定の水道業者でなければ作業ができません。その理由は、水道管の工事は他のビルディングにもダメージを与える可能性があるので、法律や各自治体の決まりを守って対処しなければならないからです。

水漏れに感づいたら、ひとまず間に合わせ処置をして手早く水道業者へ依頼し、手早く必要な工事や作業をしてもらいましょう。

水道管破裂の修理費用にも当てられる制度


水道管のパンクを工事するとなると、多額の費用が必要です。水道管パンク工事にお得となる制度もあるので、積極的に利用を検討してみましょう。
水道料金減免制度
水道管がパンクした場合に市区町村の下水道局指定の水道業者を選び工事をお願いすると、水道費用が免除される制度があります。

この制度を使うためには、水道工事業者に申請をお願いしなければなりません。水道業者が制度の申請業務に対応していない場合は、水道業者から制度利用のためのドキュメントを受け取って自分で下水道局へ申請手続きをする必要があります。審査通過すると翌月から減額されます。

水道管のパンク事故による減免制度の該当条件の1つは、不可抗力で水道管をパンクさせてしまった状況にあることです。また、凍りつきがもとで水道管がパンクしたときは、減免制度を活用できません。

住む地域によっても減免金額は変わってくるので、質問があれば市区町村の下水道局に問い合わせしてみましょう。
火災保険の補償
凍結が理由で水道管がパンクしたケースでも、火災保険の補償により工事コストをカバーできることがあります。火災保険では実際にどんな補償を決めているのかご紹介します。

・水漏れ補償
水道管が凍結してパンクしたために、建物や家具が水に濡れて使えなくなったときに適用されます。ただ水道管がパンクしただけでは利用できないので、建物や家具にダメージが及ばなかったときには水道管自体の工事費用もカバーできません。建物や家具に大ダメージが出たときにはカバーされるので、利点があります。

・水道管凍結工事費用保険
水道管が凍結でパンクした場合に工事費用を受給できます。ただ、工事費用として支払いされる保険金には限度があるので、契約内容をよくチェックしましょう。

まとめ


今回は、水道管がパンクした時の応急処置と原因、修理コストに活用できる制度について解説してきました。応急対処の方法から原因の理解までやるべきことは多くありますが、緊急時にあわてないためにも、対応している水道業者を調べておくことをおすすめします。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315