長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 長崎でも油断したくない水道管の凍結防止

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

長崎でも油断したくない水道管の凍結防止

2021年01月27日 水道管のトラブル
ながさき水道職人2

長崎でも知っておきたい水道管の凍結防止対策

長崎は比較的温暖な気候ですが、近年は地球温暖化による異常気象の影響か、夏場は激しい猛暑に見舞われる一方で、冬場に大寒波が押し寄せたり、雪が降ることもあります。
数年前にも突然として大雪が降り、長崎の方が驚く事態が起こりました。

水道管は氷点下4℃以下になると凍結リスクが高まります。
一方、雪が降る気象条件は上空温度マイナス6℃以下、地上の気温3℃以下です。
雪は滅多に降らない長崎ではありますが、雪が降らなくても、寒さが厳しくなれば、水道管が凍結するリスクがあるということです。

寒い環境に慣れていない長崎だからこそ、いざ水道管が凍結してしまうと焦ってしまう方が少なくありません。
水道管は夜間の冷え込み時に凍結しやすいです。
外の気温が下がるのに加えて、多くの家庭では寝静まり、寝室などを除けば暖房も使わなくなるので、住まい全体の室温も下がります。

特に寝ている間には使わないキッチンやお風呂場、洗面所、使うまでの時間が長くなるトイレなどの水回りは室温が大きく下がります。
そのため、夜寝ている間に水道管が凍結し、朝起きたときに水が出なくなって焦る方が少なくありません。

朝は仕事や学校に行くために顔を洗ったり、コーヒーを淹れたり、味噌汁を作ったりと水を使いたいところです。
にもかかわらず、水が出ないので思わず、水道管に熱湯をかけて溶かそうと試みる方もいます。
ですが、これは絶対にしてほしくない行為です。
なぜかというと熱湯をかけると、温度差が激しくなり、水道管に亀裂が入ったり、破裂することがあるからです。
水漏れや水が噴き出て止まらなくなる原因となるので、熱湯をかけたりしないようにしましょう。

水道管の凍結を防止しよう

出勤前や登校前の朝の忙しい時間帯に水が出ない、水道管が破裂するなどの思わぬ大きなトラブルに見舞われないためにも、事前に凍結防止策をとっておきましょう。
寒くなってきたら行っておきたいのが、水道管や蛇口の保温です。
屋外に設置されている水栓をはじめ、トイレや洗面所など水回りの水道管やむき出しになっている水道管を保温します。

方法は簡単で、ボロ布や緩衝材などを巻きつけたり、使い古しのニット帽子の先端をくりぬいて筒状にしてかぶせるなど、家にあるもので安上がりで対処できます。
地下式の水道メーターボックスは、砕いた発泡スチロールやボロ布や新聞紙などを隙間に詰め込んで保温しましょう。

冷え込む予報が出たときには

事前の保温対策に加えて、零下になるといった天気予報が出たときには、夜寝る前にも凍結防止策をとりましょう。
まず、水道の蛇口を開いて水を出しっぱなしにします。
水を出しっぱなしにすることで水道管内の保温にもなり、凍結しにくくなります。
水道代がもったいないと思われるかもしれませんが、大量に水を流しておく必要はありません。
ポタポタ、チョロチョロ程度で大丈夫。
ほんの少しだけ水道の無駄遣いをすることで、朝、水が出ないというトラブルや、水道管が破裂して時間や手間をとられるリスクを避けることができます。

ガス給湯器も凍結防止対策を

ガス給湯器の内部には給水管が通っており、キッチンへの給湯や入浴で使った後も、給水管内には水が滞っています。
誰も使わない夜間に急激に気温が下がり、零下になると内部の水が凍結してしまい、朝になると使えなくなったり、給湯器に異常が生じることがあるので注意が必要です。
ガス給湯器の凍結を防止するには、寝ている間も追い焚きスイッチを入れっぱなしにしましょう。
温度設定は最低限の35度で構いません。

なお、追い焚き機能がない場合には、浴槽の栓を開けたうえで、水をポタポタ流しっぱなしにしておきます。
また、凍結防止機能がついたガス給湯器は自動で凍結防止機能が働くので、機械にお任せしておけば大丈夫です。

長期の留守や空き家やアパートの空き室は水抜きを

旅行や帰省、出張などで長期間留守にする際や、長崎でも増えている実家などの空き家、入居者が未定のアパートの空き室は水道管内やガス給湯器の水管内に水が入ったままだと、氷点下になった際や珍しく雪が降った際などに凍結して破裂などのリスクがあります。
長期で出かける前には面倒でも水抜きを行いましょう。

空き家は所有者が、アパートの空き室は大家さんや不動産管理会社にて水抜きを行っておくことが大切です。
水抜きを忘れてしまった、長崎はそこまで寒くならないと実施しておらず、万が一、水道管が破裂してしまった場合には、焦らず、止水栓や元栓を閉めてから、水道修理業者を手配しましょう。

水道管の凍結にお困りなら

ながさき水道職人は長崎市、佐世保市、諫早市、島原市、雲仙市、平戸市など長崎県全般で水回りのトラブルを迅速に解決している水回りのプロスタッフです。
水道管の凍結や破裂をはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ながさき水道職人にお気軽にご相談ください。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315