【水道局指定工事店】長崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 皮脂汚れやヌメリなどが目立つ排水口の掃除方法

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

皮脂汚れやヌメリなどが目立つ排水口の掃除方法

2021年09月25日 お風呂のお掃除


風呂場の排水口にはいろいろな汚れが溜まっていきます。
例えば皮脂汚れや髪の毛などですが、他にも掃除をさぼることでヌメリが発生することや、カビが生えてしまうこともあるのです。
そうすると悪臭や詰まりの原因にもなるので、どのように掃除をするべきなのか見ていきましょう。

大きな汚れを除去してバスブラシで軽くこする

風呂場を掃除するときは、浴槽や床は頻繁に掃除をするけれど、排水口はあまり掃除をしていないという人もいるでしょう。
排水口は体を洗ったお湯などが流れる場所なので、頻繁に掃除をしないとどんどん汚れていきます。
酷くなると詰まりの原因になるので、そうなる前に掃除をしておかなければいけません。

しかし、念入りに掃除を行うのは時間も手間もかかるので、時間や手間をかけない簡単な掃除に切り替えて、回数を増やすのがおすすめです。
もちろんずっと手間や時間をかけない掃除ばかりでは、どんどん排水口が汚れてしまうので、半年に1度ぐらいは本格的な掃除を行うのがよいでしょう。

では、回数を増やしてどのような掃除方法にするのがよいのかというと、風呂場の排水口にはヘアキャッチャーやカバーが取り付けられています。
ヘアキャッチャーやカバーには、髪の毛などの大きな汚れが溜まっていくので、まずは大きな汚れを取り除きます。

その後ヘアキャッチャーやカバーを取り外して、中性洗剤を使ってバスブラシでこするときれいになります。
これなら手間も時間もかかりませんが、さすがに毎日ではきついと感じる人もいるでしょう。

そこで燃えるゴミを捨てる前に掃除をすれば、すぐに汚い汚れを処分することもできるので衛生的です。
燃えるゴミの日は週に2回ぐらいあるので、この頻度なら十分清潔な状態を保てるでしょう。


カビやヌメリをしっかりと取る掃除

簡単な掃除は頻度を多くして行うとよいのですが、たまにはカビやヌメリのような取りにくい汚れをしっかりと落とす掃除も行う必要があります。

排水口はいろいろな汚れが付着するので、普段の簡単な掃除を行うときよりもたくさんの物を揃えておかなければいけません。

・ゴム手袋
・中性洗剤
・ブラシ
・パイプクリーナー
・塩素系漂白剤
・重曹
・クエン酸

これだけ揃えておけば十分でしょう。

中でもゴム手袋と中性洗剤、ブラシは普段の掃除でも使用するので、特別に購入する必要はありませんが、他の物は事前に購入しておくと便利です。
特にパイプクリーナーは排水管の汚れを取ることができる数少ない物なので、あると隅々まできれいにできます。

掃除の方法も、念入りに行うとは言ってもそれほど難しくはありません。
ヘアキャッチャーやカバーに付着した大きな汚れを取ったら、排水口から取り外して中性洗剤とブラシで洗います。
ブラシは使い古した歯ブラシがよいでしょう。
ヌメリや黒ずみが酷い場合には、塩素系漂白剤に浸けておくときれいに落ちます。

排水口の内部も、ブラシが届く範囲できれいにこするべきですが、中性洗剤でも落ちないようであれば、重曹とクエン酸を使って落とすとよいでしょう。
まず重曹をたっぷりと振りかけ、その上からクエン酸小さじ1杯と水200ミリリットルを混ぜ合わせて作ったクエン酸水を振りかけます。
30分程度放置したらお湯で洗い流してみましょう。
このような方法で、半年に1度ぐらいはしっかりと掃除を行うべきです。


換気やネットを使うなどして汚れの発生を抑える

風呂場の中でも汚れやすい排水口は、掃除の頻度を減らせるような対策をするのもおすすめです。
そんな対策があるのかというと、ちょっとした手間で汚れの発生を抑えることができます。
まずは、風呂から出たらしっかりと換気をしておくことです。

風呂場に窓があれば開けておく、窓がなければ換気扇を長めに回すなどの対策をすれば、それだけ風呂場が乾燥するので、カビの発生を抑える効果があります。
数多くある汚れの中でも、カビは特に落としにくく増えやすいので、カビ対策はとても重要です。

他にも排水口用のネットを使用することで、掃除の頻度を減らすことができます。
排水口用のネットを取り付けておくと、ネットの中に汚れが溜まるようになります。

ある程度溜まったらネットを取り外して捨てるだけなので、髪の毛など大きな汚れを取り除く手間が省けるのです。
しかも汚れの発生を抑えられるので、掃除も楽になるでしょう。

また、厄介なヌメリの防止策として、ヘアキャッチャーにアルミホイルを入れておくという方法も効果的です。
アルミホイルは流れている水に触れることで金属イオンが発生し、菌の繁殖を抑えてくれます。


水回りのことなら相談にも応じられます

できるだけ水回りのトラブルを減らしたいと考える人も多いでしょうが、自分ではどうしたらよいのかわからない場合もあります。
そんなときにはながさき水道職人のスタッフに相談をしてください。

修理や部品の交換に伺ったときに、相談に応じることも可能です。
長崎市や佐世保市、大村市、西海市、松浦市、南松浦郡など、出張エリアも長崎県の広範囲となっています。


長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315