【水道局指定工事店】長崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » トイレの床が濡れていたら?水漏れの正しい対応方法はこちらです

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの床が濡れていたら?水漏れの正しい対応方法はこちらです

2021年09月21日 トイレのトラブル


トイレの水漏れを放置してはいけない理由は?

トイレに入ったら床が濡れていた、そんな経験はありませんか?
どうして濡れているのかわからないと、かなり気持ちが悪いものです。
しかし、そのままにしておくわけにはいきません。

衛生面での問題はもちろんですが、床にカビが生えて腐ってしまったら貼り替えが必要です。
壁などにも被害が及べば、大規模なリフォームが必要になるかもしれません。
2階以上にあるトイレだと、天井をつたって階下へ漏水するおそれもあります。

特に集合住宅では、階下の天井や壁もしくは家財道具を水浸しにしてしまうと、損害賠償を請求されてもおかしくありません。
ですから、水漏れを発見したら、なるべく早く原因を突き止めて、対応する必要があるのです。


濡れている場所から原因が特定できるかも

トイレの床が濡れていたら、どこを中心に濡れているのかチェックしてみましょう。
特にひどく濡れている場所から、水漏れしている場所や原因を特定できるかもしれません。

・トイレタンクの周りが濡れているとき
トイレタンクの下や後ろの壁を中心に濡れているのであれば、トイレタンクに問題があるのかもしれません。
手洗い付きタンクの下から水が漏れていないか確認しましょう。
もしタンクの下からポタポタと水が垂れて、水が染み出しているのであれば、トイレタンクの不具合が考えられます。

トイレタンクの中には、浮きゴム(ゴムフロート)という部品が入っています。
これは、トイレの洗浄レバーとつながっていて、水流を止める蓋の役割をしているものです。
レバーを動かすと、浮きゴムが引っ張られ、その隙間から水が流れるのが、本来のはたらきです。
通常であれば、ある程度水が流れたら、また蓋が閉まり水の流れがストップします。

しかし、浮きゴムはその名の通りゴム製なので、経年劣化は避けられません。
浮きゴムが劣化してくると、蓋がうまく閉まらなくなり、隙間から水がチョロチョロ流れ続けます。
これが水漏れの原因かもしれません。

また、ボールタップの不具合も予想されます。
ボールタップは、タンク内に水を補給する役割をしていますが、これが劣化するとタンク内の水位の調節ができなくなるのです。
水が止まらなくなることでタンクから水があふれ出します。

・トイレの床と便器の接合部分が濡れているとき
まず考えられるのが便器のひび割れです。
便器の耐久年数は決して短くありませんが、強い衝撃を与えたりするとヒビ割れるおそれがあります。

また陶器は熱に弱いので、熱湯を流したりするとヒビが入ることがあるので、お掃除などでも熱湯は流さないようにしましょう。
タンクや便器に問題がなさそうなのに、水を流すと漏れてくる場合は、設置不良が原因かもしれません。
便器を取り付けたとき、必要な部品が忘れられていた例もあります。


水漏れを修理する方法とは?

スキルと特別な工具を持った専門業者でないと太刀打ちできない水漏れもありますが、どなたでも対応可能なケースもあります。
トイレタンクの不具合であれば、部品の交換で水漏れが解消するかもしれません。
部品はホームセンターやメーカーのサイトで購入できますし、交換作業自体はあまり難しくないのぜひお試しください。

ただし、トイレタンク内はあまりきれいとは言えませんし、部品が色々あって少し複雑です。
難しそうだと感じたら、無理せず専門業者に修理を依頼してください。
止水栓の付近からの水漏れであれば、止水栓のパッキンを新しいもの交換してみましょう。
水漏れが解消されるかもしれません。

・業者を呼ぶべきケースは?
以下の場合は、すぐに業者に連絡して来てもらいましょう。
自分で作業するにはリスクが大きすぎます。

まずは、便器のひび割れです。
応急処置くらいだったら補修パテでどうにかなるかもしれませんが、根本的な解決にはなりません。
なるべく早く便器を交換してもらいましょう。

便器の設置不良の場合も、施工業者に連絡して対応してもらってください。
気になる費用ですが、部品の交換だけであれば1万円以内に収まる可能性が高いです。

便器の交換になると10万円以上かかります。
温水・暖房便座、オート洗浄、タンクレスなどさまざまな種類の便器があるので、どれを選ぶかでも費用が変わってきます。

もしトイレの床も貼り替えるとなると、クッションタイルであれば5万円以内で収まることが多いですが、高機能タイルだと10万円以上かかります。
高額になりますので複数の業者に見積もりをお願いしましょう。


水漏れのようで水漏れ出ない場合

トイレの床が濡れていたとしても、水漏れとは限りません。
まず考えられるのが結露です。
結露はトイレの故障ではありませんが、カビの原因になるのでそのままにもしておけません。
換気をよくして、小まめに床を拭くなどの対策が必要です。

また、便器から溢れた尿の場合もあります。
故障でなくても大変不潔なので、トイレの使い方には気をつけたほうがよいでしょう。


トイレの水漏れならながさき水道職人まで

ながさき水道職人は、長崎市をはじめとした諫早市、雲仙市、佐世保市、小値賀町、南松浦郡、東彼杵町などで水回りのトラブルを日夜解決しています。

水トラブルでお悩みの際はぜひながさき水道職人にお電話ください。
経験豊富なスタッフがお客さまのもとにおうかがいいたします。


長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315