【水道局指定工事店】長崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » お風呂での水漏れ!シャワーやエルボなど自分でできる修理、交換方法

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂での水漏れ!シャワーやエルボなど自分でできる修理、交換方法

2021年09月21日 お風呂の水漏れ


お風呂のシャワーヘッドやエルボ、カランの耐用年数は10年程度

お風呂場の設備はシステムバスといって、浴槽やシャワー本体、鏡や棚の設備などがすべて一つのセットとなって販売されています。
浴槽本体や壁などに無駄な隙間が出ないよう設計されており、カビの生えにくい仕様なので従来よりも耐用年数が延びています。

しかし、それでもお風呂場自体は毎日水を使う場所でもあることから、サビや腐食が発生しやすい場所です。
それぞれの部品から水漏れが発生することもしばしばあり、耐用年数は10~15年ほどです。

まずは、お風呂場にある各部品の耐用年数を詳しく見ていきましょう。
耐用年数を迎えると必ず壊れるというわけではありませんが、設備の交換の目安として知っておくと便利です。

・エルボの耐用年数はおよそ10~15年
エルボとはシャワーのホースとカランをつなぐL字型の部品です。
なかにある爪の部分が、10~15年ほどで腐食するなどして水漏れを引き起こします。

・カランの耐用年数は7~8年
カランとは、シャワーの水を出したり止めたりする蛇口です。
締める、緩める動作を繰り返すため消耗も激しく、その耐用年数は7~8年と言われています。

・シャワーヘッドの耐用年数は5~10年
シャワーヘッドはお好みの水量や水質が出せるものが販売されており、ご自身で取り替えやすい部品の一つです。
しかし、シャワーヘッドとホースの接合部分にあるパッキンは劣化しやすく、使用状況に応じて耐用年数は5~10年になります。


お風呂にある設備を自分で修理、交換方法する方法は4つ

湿気がたまりやすく、常に濡れていることの多いお風呂は、場所の特性上、経年劣化が起こりやすい場所です。
しかし、軽度の水漏れであればご自身で修理、交換できるでしょう。

・エルボはパッキンの付け替えや部品そのものの交換が必要
エルボは通販サイトやホームセンターで1,000~1,500円で売られています。
エルボ部分を外すには、まずホースに付いたナットを緩めて外し、引き抜くかドライバーを使ってネジを回します。

劣化したパッキンの取り替えや、エルボの交換をおこないましょう。
これをやっても水漏れが直らない場合は、水栓本体の修理、交換が必要となってきます。

・シャワーヘッドの本体やホースなら防水テープでの修理や交換ができる
シャワーヘッドや本体は、どこから水漏れが起こっているかで対処方法が異なります。
シャワーヘッドからの水漏れが起こっている場合は、散水板の故障や汚れの蓄積などが原因でしょう。

掃除をしてみて状態が改善しなければ、シャワーヘッドを交換することとなります。
ホースからの水漏れは管のどこかに穴が開いているので、防水テープを巻くことで対処できます。
劣化が激しい場合や大きな穴が開いているようであれば、ホースを交換するのも一つの手です。

シャワーヘッドは安いものであれば2,000~3,000円で買えるでしょう。
出てくる水の水質を変える、高い節水効果を誇るものであれば5万円ほどするものもあるので、用途に応じて選ぶことをおすすめします。

・カラン(蛇口)からの水漏れならナットの締め直しか本体の交換を
カラン(蛇口)からの水漏れは、お風呂場において最も多発しやすい水漏れです。
しかし、原因のほとんどは水栓の根元にあるナットの緩みで、締め直すことですぐに直せます。

また、給水管やバルブなどカランに付属しており、水漏れを起こす細かなパーツはいくつかあります。
ナットが緩むほど使っているのなら、修理ではなく本体の交換を検討しても良いでしょう。

価格は1万5,000~2万円ほどで、耐用年数が経過する間に、新しい商品も出回っています。
節水や水質の調整、お風呂場のデザインに合うものをチョイスするなどお好みで選んでください。

・その他ヒビなどの軽微な水漏れならコーキングを有効活用して
エルボやシャワーヘッドの他にも、タイルのひび割れも水漏れの原因となります。
タイルのヒビは、コーキング剤と呼ばれる目地材を入れることで簡単に直せます。
ホームセンターなどにて500円ほどで手に入るので、リーズナブルに修復が可能です。


お風呂場での水漏れは業者に依頼しても料金が安い

DIYや自力で修復しやすいお風呂場の水漏れですが、業者に依頼しても料金が安いのがポイントです。
目安としては出張費が3,000~5,000円、技術料の目安が1万~2万円となります。

自分で直せばこれらの料金はかかりませんが、原因が特定できない場合や最適なパーツがわからない場合は非常に困ります。
直るまでシャワーが使えないとなると、先頭に通う必要もでてくるでしょう。

何日もお風呂場が使えないのは不便なので、適宜、プロの力を借りて早急に直すことをおすすめします。


お風呂のシャワーやエルボ・カランの水漏れはながさき水道職人にご連絡を

お風呂場における水漏れは部品のサイズが小さく、そこまで大掛かりな作業も必要ないことから比較的安価です。
しかし、部品を調達する手間や、1日でもお風呂が使えないと不便であるという点からも業者に依頼するほうが面倒は省けるでしょう。

ながさき水道職人は佐世保市や諫早市、そして長崎市で豊富な経験と実績のある水回りトラブルを専門に扱う業者です。
お風呂場の水漏れ、部品の交換もすべて迅速丁寧に対応いたします。


長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315