【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 浴槽の水が減るのは水漏れが原因

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

浴槽の水が減るのは水漏れが原因

2021年07月24日 お風呂の水漏れ


浴槽に水を貯めても、時間がたつと目に見えて水位が下がっている場合、浴槽のどこかで水漏れが発生している可能性が高いでしょう。まずはどこから水漏れが発生しているのかを特定し、自分で修理できるのか、業者に依頼するべきなのかを判断します。そこでどのように水漏れの原因を調べるのか、自分で修理ができる場合にはどのように行うのかを紹介していきます。

浴槽の水漏れ原因を調べる方法

浴槽のどこかで水漏れが発生しているのではないかと思っても、原因の調べ方がわからなければ意味がありません。そこで浴槽の水漏れ原因を調べる方法を紹介します。

まずは浴槽に水をはります。水位はいつも風呂に入るときと同じぐらいがよいでしょう。水が溜まったらスポンジを浮かべます。このスポンジがどのような動きをするのかで、水漏れの箇所を特定しやすくなるのです。水漏れが発生している場所に、スポンジが移動するのでわかりやすくなります。

・壁に移動をした場合
浴槽に浮かべたスポンジが壁に向かって移動を始めた場合には、浴槽の壁に亀裂が入っている可能性が高いです。スポンジが移動した場所をよく確認してみましょう。

・排水口付近で止まる場合
排水口付近でスポンジが止まり、どんどん水が減っていく場合には、ゴム栓がきちんと機能していない可能性が高いでしょう。まずゴム栓がきちんとはまっているのかを確認し、問題がなければ劣化しているため、交換が必要になります。

・給湯する穴の付近で止まる場合
浴槽によっては、水を入れた後にガスで水を温める仕組みの物もあります。このようなタイプの浴槽の場合、給湯するための穴が開いているのが一般的です。この穴の付近で止まった場合には、給湯器の排水パイプに穴が開いている可能性があります。この場合、自分で修理をするのは難しいので、業者に依頼するようになります。

自分で修理をする方法

浴槽から水漏れをする原因によっては、自分でも修理が可能な場合があります。では、どのような水漏れであれば自分で修理が可能なのか、可能な場合はどのようにして修理を行うのかを見ていきたいと思います。

・浴槽のひび割れを修理
浴槽にひびが入っている場合、かなり大きなひびの場合は浴槽その物を交換するようになります。しかし、ちょっとしたひび割れであれば、自分で修理をすることができます。自分で修理をする場合には補修キットが売られているので、FRPの穴やひびを埋める専用のキットを購入しましょう。

ただし、全ての浴槽がFRPというわけではないので、浴槽の素材に合ったものを購入しなければいけません。ほんの僅かな穴であれば、接着剤や水中ボンドを使用することで埋めることも可能です。接着剤や水中ボンドだけではすぐに水漏れをする可能性が高いので、さらに防水テープで補強しておくとよいでしょう。

・ゴム栓の交換
きちんとゴム栓をしているのに、排水口から水漏れが発生している場合には、ゴム栓の劣化が考えられます。この場合にはゴム栓を交換する必要がありますが、購入する際にはきちんとサイズを確認し、きちんと排水口に合うものでなければいけません。交換自体はとても簡単です。

・給湯用の穴を修理
給湯用の穴から水漏れが発生しているのであれば、接続部分に使用されているパッキンが劣化している可能性があります。パッキンは今まで使用されていたものと同じ種類の物を購入する必要がありますが、種類によっては見つけにくい場合があります。パッキンの交換自体は簡単ですが、水漏れの原因が配管や接続金具などにある場合には、自分で行うのが難しくなります。無理をしないで業者に依頼をした方が無難です。

浴槽の水漏れはある程度予防できる

浴槽の水漏れ原因は、大半が経年劣化となっています。経年劣化は防ぐことはできませんが、遅らせることは可能です。どのようにして遅らせるのかというと、基本となるのはこまめに清掃をすることです。浴槽自体は風呂に入るときにきちんと掃除をする人が多いでしょうが、ゴム栓までしっかりと掃除をする人は少なくなっています。

ゴム栓もきちんと掃除をした場合と、放置した場合とでは劣化するスピードが異なります。普段あまり掃除をしない場所も、きちんと掃除をすることで水漏れの予防になるので、毎回ではなくてもときどきは掃除を行うべきでしょう。

他にも浴槽にできる限り衝撃を加えないことが大切です。特に部屋数の少ない賃貸住宅や、ユニットバスの場合には、浴槽が小さいことが多いでしょう。そのため、出入りするときなどに浴槽に衝撃を加えてしまうことがありますが、できる限り衝撃を加えないことでも、浴槽を長持ちさせることができるのです。

風呂場の水漏れもあっという間に改善

風呂場ではたくさんの水を使用するので、水漏れをする可能性も他の場所より高い傾向にありますし、水漏れをしても気がつかないこともあります。もし水漏れが発生していることに気がついたら、すぐながさき水道職人まで連絡をしてください。長崎市や大村市、諫早市、西彼杵郡長与町・時津町、南島原市、西海市など、長崎県内であれば大半の地域に出張が可能となっています。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315