【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » ホースやパッキンの交換なら自分で行える

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

ホースやパッキンの交換なら自分で行える

2021年08月11日 洗面所の直し方


洗面所で水漏れが起きている場合、自分でも直せる箇所がいくつか存在しています。特にホースやパッキンなどの交換には、それほど難しい作業は必要ありません。ただし、自分では修理するのが難しい場所もあるので、無理そうな場合は業者に依頼をしましょう。

排水パイプの劣化は自分で修理可能

洗面所で起きる水漏れのうち自分で修理が可能な箇所としては、排水パイプが挙げられます。洗面台の排水パイプにはいくつかの種類があるのですが、中でもS字になっている排水パイプで樹脂製のものであれば、簡単に交換することが可能です。

重要なのは、排水パイプのどこから水漏れが起きていてその原因は何かという点ですが、繋ぎ目から水が漏れている場合には、ナットの緩みやパッキンの劣化が考えられます。ナットが緩んでいるだけであれば、締め直すだけで改善されるのでとても楽です。

ナットがしっかりと締まっているのに水漏れが改善されない場合には、パッキンを交換する必要があります。パッキンの交換も簡単に行えるのですが、そのときに注意すべきことはきちんと自宅の排水パイプに合うパッキンを購入してくることです。サイズが合わないなどのパッキンを使用すると、水漏れを改善できないので注意しましょう。

排水パイプ自体から水漏れしている場合の原因は、完全に排水パイプの劣化です。この改善のためにはパイプごと交換する必要があるので、それまで使用していたものと同じ種類のパイプを購入しましょう。そして、パッキンを交換するときと同じ要領でナットを取り外し、新しいものと交換します。交換する前には、必ず止水栓を閉めてから行わないといけません。

また、S字トラップ以外の種類の排水パイプが使用されている場合には、少々交換方法が難しくなるので、無理そうだと感じたら業者に任せたほうが無難です。

ハンドシャワーからの水漏れの修理方法

最近は洗面台にハンドシャワーが取り付けられていることが多いですが、ハンドシャワーから水漏れすることがあります。ハンドシャワーからの水漏れも、自分で修理することが可能です。ハンドシャワーの種類によって多少交換方法が異なるので注意が必要ですが、まずは基本である止水栓の閉鎖をしっかりと行い、作業中に水が流れ出ないようにします。それからシャワーホースの本体を引き抜きます。

シャワーホースの本体を取り外すためには、シャワーホースに接続されているカプラという部品を取り外さなければいけません。シャワーホース本体とカプラは、銅管パイプから取り外すのですが、取り外した際に水が出てくることがあるので注意しましょう。

その後シャワーホースからカプラを外し、ガイドの部分をマイナスドライバーで押しながらシャワーホースを引き抜きます。あとは交換した部品を新しいものに交換して、元通りに組み立てていけば交換作業完了です。

これでシャワーホースのどの部分から水漏れしていたとしても、そこの部品さえ新しく交換し、元通りに正しく組み立てられれば水漏れを解消することができます。ただし、この作業にはマイナスドライバーやモンキーレンチ、プライヤーなどの工具が必要になるので、家に工具を常備していない方は、業者に依頼をしたほうがよいでしょう。

蛇口から水漏れした場合はパッキンの交換なら自分でも可能

洗面台の蛇口から水漏れが発生する可能性も十分ありますが、自分で交換できるかどうかは、蛇口の種類によって変わってきます。蛇口のタイプとして思い浮かぶのは、シングルレバー混合水栓とツーハンドル混合水栓です。

ツーハンドル混合水栓のパッキンは比較的簡単に交換できるので、自分で行って問題はないでしょう。自分で作業をする場合には、あらかじめ次の情報を念頭に置いておきましょう。ツーハンドル混合水栓のパッキンを交換する場合には、ハンドルの頭に取り付けられているカバーをマイナスドライバーなどで外します。

次にハンドルを固定しているネジを取り外し、ハンドルを引き抜きましょう。するとナットが見えるので、それを取り外せば、パッキンの交換が可能になります。ツーハンドル混合水栓に使用するパッキンは、コマパッキンと呼ばれているものです。

パッキンを交換したら、逆の手順で蛇口を元通りに戻し、少量の水を出してみましょう。水漏れをしていなければ完了になります。同じ種類の蛇口でも、メーカーなどによって多少交換方法が異なる場合があります。

シングルレバー混合水栓はパッキンではなくカートリッジを交換することになり、その交換は少々難しいので、自分で無理をしないで、業者に頼むことを選択肢に入れておくべきです。

難しい作業は自分で無理して行わないことをおすすめします

水漏れが発生した場合、自分で何とか直そうとする人もいるでしょう。もちろん簡単に直せる箇所もありますが、水回りには難しい箇所が多いので、もし自分で作業するのは難しいと感じたなら、ながさき水道職人へ依頼していただきたいたいと思います。

ながさき水道職人はどのような水トラブルでも確実に直すことができますし、万が一作業に不測の不備があったとしても保証があるので安心です。ながさき水道職人は長崎県内であれば、大村市や長崎市、佐世保市、南島原市、雲仙市、西彼杵郡長与町・時津町などの広範囲に対応しています。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315