【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 洗面所の蛇口から水がポタポタ落ちて止まらない!解決へ向けての行動マニュアル

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の蛇口から水がポタポタ落ちて止まらない!解決へ向けての行動マニュアル

2021年07月29日 洗面所の直し方


洗面台の蛇口を閉めても、水がポタポタ落ちてきて止まらないことはありませんか。少量の水漏れだから大したことはないと放置してしまうかもしれませんが、実は大きな問題が潜んでいるかもしれません。また、水漏れのせいで水道代を無駄に多く支払っていることにもなります。そのため、洗面台の蛇口からの水漏れに気付いたら、以下の手順で解決してみましょう。

応急処置

まず、水漏れを止めるために止水栓を閉めます。止水栓とは、水漏れの応急処置のために、水を止められる栓です。普段は使うことがないので、どこにあるのかしらない方も多いと思いますので、平時に場所を確認しておくことをおすすめします。

洗面台の止水栓は、蛇口の真下に給水管があるので、台の下にある収納扉を開くと止水栓があるはずです。栓の開閉については、ハンドルタイプと内ネジタイプがあり、前者は手で回せますが、後者の場合はマイナスドライバーを使って、開け閉めします。

閉めるには右へ回し、開くには左へ回すのは共通です。止水栓を閉めてもまだ水が落ちてくるのは、蛇口内に溜まっていた水が落ちているからです。もし気になる場合は、蛇口にタオルなどを巻いて、水はねを防止しましょう。

蛇口の種類別修理方法

次に、洗面台でよく使われている蛇口のうち、該当する蛇口の修理方法を確認しましょう。

・シングルレバー混合栓
レバーが一つで、上下に動かして水量を変え、左右に回して水温を変える蛇口です。レバーの下にある部品がナット、カートリッジです。カートリッジは水量を調整するための部品で、これが壊れることで水漏れすることがあります。長い蛇口を持つ部品がスパウトで、その下にパッキンと固定ナットが続きます。

このパッキンが劣化することでも水漏れが起きます。ちなみに、カートリッジもパッキンも、ホームセンターやインターネット通販で購入できるので、自分で交換することもできます。カートリッジは7000円程度、パッキンは300円程度で買えます。

・ツーハンドル混合栓
お湯と水の蛇口が別々になっている蛇口のことです。手でもって回すハンドル部分の下には、カバーナット、三角パッキン、パッキン受け、スピンドル、コマといった部品が使ってあります。

スピンドルというのは、軸のような形状で、ハンドルを回したときの動作を下にあるコマ部品へ伝える働きをするものです。さらにコマの下には、コマパッキンがあり、ハンドルを閉めたときに水を止める働きをします。水漏れが発生したら、まずコマパッキンの交換をしてみて、解決しなければ、スピンドルの交換という手順になります。これらの部品はいずれも約500円で買えます。

もし、水漏れが水の出る口ではなく、ハンドルからの場合は、ハンドルのすぐ下のカバーナットと三角パッキンに原因がある可能性が大きいです。まずカバーナットが緩んでいないか確認し、緩い場合は締め直します。緩んでいなかった場合は、三角パッキンの交換を試しましょう。この部品も300円程度で買えます。

・単水栓
水用のハンドルが一つだけついているタイプの蛇口です。ハンドルの下にはナットがあり、その下には三角パッキンがあります。もしハンドルから水が漏れている場合は、この三角パッキンの劣化が原因である可能性が高く、交換すれば直ります。ホームセンターや通販で、300円程で購入可能です。

次に、水の出る口から水が漏れている場合は、コマの形をした部品の下にあるコマパッキンを交換することで解決できる可能性があります。コマパッキンもやはり300円程度で売られています。

自分で直すときの注意点

交換部品の値段は案外安いので、自分で直したいと思う方も多いと思いますが、十分に注意が必要です。例えば、交換途中で他の部品をなくさないことが大切です。というのも、蛇口の製造年がかなり前で、なくした部品が販売停止になっていて、結局、蛇口丸ごと交換しなければならなくなったというケースもあるからです。

また、購入時に必要な部品を間違えないよう、メーカーや型番などを正確にメモして購入することに加え、ボルトやナットを回すときに適度に締めることも重要です。そのためには、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーといった工具を使って作業したほうが簡単かつ的確に作業できます。

修理を依頼したほうが良い場合

蛇口や水栓本体がグラグラするような場合や、配管周辺で水漏れし、洗面台下の収納棚が濡れている場合などは修理業者にお願いしたほうが無難でしょう。また、蛇口は細かい部品から構成されているので、細かい作業が苦手な場合も、修理業者を呼んだ方が良いでしょう。

洗面所の水漏れでお困りのときはながさき水道職人にご連絡ください!

洗面台の蛇口から水が漏れていたら、ぜひお気軽にながさき水道職人へご相談ください。長崎県内の長崎市をはじめ、大村市、諫早市、佐世保市、平戸市、長与町などさまざまなエリアで、水道修理を行っています。連絡をいただいたらすぐにプロスタッフを派遣し、状況や費用のご説明し納得いただいたうえで作業を開始します。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315