【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 賃貸住宅で台所から水漏れが発生したらどうするか

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

賃貸住宅で台所から水漏れが発生したらどうするか

2021年07月24日 キッチンの水漏れ


自分の持ち家がある場合、台所から水漏れが発生したとしても、自分で修理ができる業者に依頼するようになりますし、費用も自分で負担するようになります。では、賃貸住宅で台所から水漏れが発生した場合は、どのように対処したらよいのかを紹介していきます。また、賃貸住宅だからこそ注意しないといけない点もあるので、併せて見ていきましょう。

賃貸住宅では大家や管理会社に連絡するのが基本

台所から水漏れが発生していたのを確認した場合、賃貸住宅に住んでいるのであれば、まず水の流れを止めることが第一です。水を止めることができたら、濡れた床をすぐに拭き、乾燥させる必要があります。濡れたままにしておくと床が腐ってしまう場合もあるので、退去するときに多額の費用を請求される可能性があるからです。

その後、持ち家であれば自分で水道修理業者に依頼をするか、自分で修理をすることになるのですが、賃貸住宅の場合には、どちらも行ってはいけません。台所から水漏れが発生したのを確認したら、大家や管理会社に連絡をしましょう。賃貸住宅を契約したときに、何かあったら不動産屋に連絡をするように言われた場合や、質問をしたときに不動産屋でも対応できると言われた場合には、不動産屋に連絡をしても問題ありません。

しかし、近隣住民とのトラブルなどであれば不動産屋でも対応できますが、水のトラブルは基本的に大家や管理会社に連絡をするのが一般的です。なぜ自分で修理をしたり、業者に連絡をしたりしてはいけないのかというと、経年劣化で水漏れが発生した場合には、大家や管理会社が費用を負担してくれるからです。

自分で作業を行った場合、もし以前よりも酷くなってしまうと、修理代を自分で負担しなければいけなくなります。また、自分で水道修理業者に依頼した場合には、費用を大家や管理会社が負担してくれなくなるので、自分で対処するのはよくありません。

賃貸住宅の水漏れで注意するべき点

トイレや風呂場の場合には、床に排水溝が設けられていますし、水で濡れることを想定して作られているので、被害も台所ほど酷くはならない場合が多いでしょう。しかし、台所の床は濡れることを想定して作られていないため、ちょっとした水漏れでも被害が出やすいのです。そんな賃貸住宅で、水漏れに注意しなければいけない点がいくつかあるので見ていきましょう。

・入居直後に水漏れがないかチェック
賃貸住宅に入居する場合には、内見をするのが一般的です。また、入居した直後に設備などを点検しなければいけません。このときに水漏れをしている箇所があれば、大家や管理会社に連絡をすることで、無償で修理をしてもらうことができるのです。

しかし、入居してしばらくしてから水漏れをしていた場合には、修理をするのに自費で行わなければいけなくなる可能性もあるので、入居する前か入居した直後にしっかりとチェックしておきましょう。

・二次被害に注意する
現在賃貸住宅の大半がマンションやアパートなどの集合住宅となっています。そのため、台所から水漏れをすることで、一軒家に住んでいる人よりも二次被害が大きくなる場合が多いのです。その1つが下層階への水漏れなのですが、下層階に水漏れをしてしまうと、自分が住んでいる部屋だけではなく、下層階で発生した被害に関しても賠償責任が生じてしまいます。

台所は少量の水漏れでも、床が腐ってしまう場合や、下層階に水漏れをする場合があるので、すぐに水を止めて拭き掃除を行い、水漏れしている箇所を修理してもらう必要があるのです。

賃貸住宅で台所の水漏れを予防する方法

賃貸住宅に限らず、台所の水漏れを予防するためには、排水溝に異物を流さないことです。特に台所は料理をする場所なので、野菜の皮などの生ごみを流してしまいがちです。油をよく使用する人は、油も流さないように注意しないといけません。

他にも髪の毛が抜けてそのまま流れてしまうこともあれば、手を洗ったときに手に付着していた汚れが流れてしまうこともあります。最初に流したら詰まらなかったからといって、何度も流しているとそのうち詰まってしまうこともあるでしょう。

賃貸住宅だから、詰まったら無償で修理をしてもらえると思う人もいるでしょうが、異物を流した場合には、無償で修理をしてもらうことはできません。自己負担になるので、異物を流すことは絶対にしてはいけません。

また、頻繁にシンクや蛇口を掃除しておくことも、水漏れの予防に繋がります。異物を流さないことと、きちんと掃除をすることで、水漏れが発生する確率を下げることができるのです。

万が一水漏れが発生したらながさき水道職人に連絡してください

長崎県に住んでいる人で、万が一水漏れなどのトラブルが発生した場合には、ながさき水道職人に連絡をしてもらえれば、すぐに伺って修理を行います。もちろん見積もりをきちんと出し、了承をしてもらってから作業をするので安心してください。出張範囲も諫早市や佐世保市、大村市、東彼杵郡波佐見町・川棚町・東彼杵町、北松浦郡佐々町など広範囲に対応しています。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315