【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 洗面所の床が水浸し!水漏れトラブルは自分で解決できるって本当?

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の床が水浸し!水漏れトラブルは自分で解決できるって本当?

2021年06月18日 洗面所の水漏れ


水回りのトラブルの中で一番避けたいのは水漏れである、という方は多いのではないでしょうか。対応が遅れると、水道料金の高騰はもちろんのこと、床下に浸水し床材を痛め内部を腐敗させる恐れがあります。

また、もし集合住宅で階下のほかの世帯の住宅にまで漏水してしまったら、損害賠償の責任も発生します。何としても避けたい水漏れですが、どんなに外側をきれいに掃除していても、リスクが減るわけではないのが悩ましいところです。

キッチンと同様に水漏れトラブルが多く見られるのは洗面所です。慌てて水道修理業者に電話する前に、ひとまず原因を探してみましょう。実は、洗面所の水漏れはご自身で対処可能なケースがほとんどです。大抵の場合、水漏れの場所は蛇口か洗面台下の配水管のどちらかに絞られます。原因を把握し、早急なトラブル改善に向けて動きましょう!

蛇口からの水漏れ

洗面所で使われる蛇口は、主にハンドル式水栓とレバー式水栓の2種類です。ハンドル式水栓とは、蛇口の上に1つもしく2つハンドルがついており、それぞれをひねることで水温や水量の調整が可能な、昔から馴染みのある蛇口の形です。

レバー式水栓は吐水口のある一本のバーの横にレバーがついており、上下左右に動かすことで簡単に水温と水量の調整が可能な、比較的新しい住宅に使われている蛇口です。どちらの場合も、接続部の水漏れはパッキンの劣化やナットの緩みが原因であり、交換もしくは締めなおすことで解決します。

しかし、吐水口からの水漏れの場合は要注意です。ハンドル式水栓の場合はケレップというハンドル下にある部品、レバー式水栓の場合はカートリッジという調整機能を持った部品の劣化が原因です。

どちらも交換可能なパーツが手に入れば、ご自身で交換は可能です。また、シャワーホース自体から水漏れしている場合は、ホースが破損している可能性が高いので、ホースの交換が必要になります。

洗面台下からの水漏れ

まずは、洗面台の下に収納してあるものをどけて、水漏れの場所を確認しましょう。

・給水管、排水パイプ、もしくは止水栓からの水漏れ
水の通り道とストッパーの役割をするこれらの部品からの水漏れは、ほとんどの場合は接続部に用いられているパッキンの経年劣化による損傷や摩耗が原因です。原料のゴムが硬化するため、パッキンの耐用年数は10年前後と言われています。交換するパッキンの部品はホームセンターやAmazonなどのネット通販で手に入れることが可能です。止水栓をしっかりと閉めてから、モンキーレンチを用いてナットを緩め分解をして、しっかりと装着しましょう。

・S字トラップからの水漏れ
洗面台の下でぐにゃりと曲がっているこの部分がS字トラップです。ここに水を溜めることで下水からの悪臭や害虫の室内への流入を防いでいます。しかし、こちらもパッキンの劣化やトラップ自体の劣化により水漏れを起こすことが多いです。

また、このトラップは非常に詰まりが生じやすい箇所であり、詰まりの原因で排水が逆流を起こして水漏れを起こしている場合もあります。詰まりの原因はさまざまで、ピアスやネックレスなどのアクセサリーや、棒つきフロスやアメリカピンや子供のおもちゃなどのプラスチック類、髪の毛や石けんカスなどが多いです。

固形物はラバーカップなどで吸い出すことも可能ですが、場所がわかっているならトラップを一度分解して取り出したほうが確実です。髪の毛や石けんカスなどは詰まり専用の薬剤で溶解することができます。

・排水パイプがずれている
詰め替え用のストックや掃除用具やサニタリー用品など、ついついものを押し込みすぎたために、床に接続している排水パイプを押されてぽこっと外れ、流した水がそのまま床下に流れ出てしまっている可能性があります。この場合は元の場所にまたはめ込めばすぐに解決します。

また、排水パイプが物にぶつかったり経年劣化により破損していたりする場合は、パイプの交換作業が必要です。すぐに用意ができない場合は、補修用のテープやパテなどを用いて応急処置を施し被害の拡大を防ぎましょう。

水漏れを予防するために

洗面台に使用されている蛇口やホース、その接続部のパッキンなどはほとんどの場合10年前後が耐用年数です。10年を迎えたら一度交換可能なものは交換する、もしくは蛇口やホースごとの交換を検討することをおすすめします。

また、詰まりが起きないように定期的に重曹とクエン酸などでケアし、排水管の内部が清潔であるように保ちましょう。

洗面所のトラブルはながさき水道職人までお電話ください

ながさき水道職人は長崎市、佐世保市、諫早市、西海市、松浦市など長崎県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にながさき水道職人までお問い合わせください。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315