【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » トイレのつまりの要因と解決法を知っておこう

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのつまりの要因と解決法を知っておこう

2021年06月12日 トイレのつまり


トイレのつまりがよく起こる場所といえば

ほとんどのトイレのつまりは、便器内で発生しています。
排泄物が多い、トイレットペーパーを流しすぎた、といった状況でよくつまるでしょう。
便器内のつまりは解消が比較的簡単で、多くは放置するだけで直ります。
排泄物やトイレットペーパーは時間が経過すればやわらかくなります。
液状になれば自然と流れるようになりますが、それには30分程度かかる場合があるのです。

寒い時期はよくトイレのつまりが発生するという家庭が多いですが、これは水が冷たいからです。
そんなときは便器にぬるま湯を投入してみてください。
それにより排泄物やトイレットペーパーがより早くやわらかくなります。


つまりをいち早く解消したいわけ

トイレのつまりは迅速に解決させましょう。
時間が経過するとつまりがひどくなりますし、自力で対処するのが難しくなります。
水道修理業者に依頼する場合も、初期の段階であれば費用を抑えられます。
軽度のつまりであれば薬品洗浄で解決できることが多いです。
市販のパイプクリーナーで解決しない場合は、業者の配管洗浄を受けてみましょう。

つまりは遠くに進行するほど、自力で解決するのが難しくなります。
便器から排水口、排水路と進行すると、市販のアイテムで解消するのは困難です。
排水路につまりが進行すると、最悪のケースでは排水管の破損を招きます。
破損した部位から水漏れすれば、つまりと水漏れの両方の修理が必要になります。
市販の薬品を使用して解決しないつまりであれば、業者にまかせたほうが無難です。


固形物は流さないように注意を

ラバーカップは多くの家庭に備え付けられているアイテムです。
トイレのつまり解消の定番アイテムで、トイレットペーパーを流しすぎてつまった場合によく使用されます。
ラバーカップはホームセンターで購入できるので、トイレ用を一つ用意しておきましょう。
ラバーカップは固形のプラスチック、子ども用おもちゃなどを落としたときにも使用されます。
ただトイレットペーパーつまりを解消するのと比べて難易度は高いです。

ラバーカップで取り出せない場合は、真空式パイプクリーナーを試してみるのも手です。
ラバーカップより操作が簡単で吸引力が高いので、初心者向けのアイテムと言えます。
大切なのはラバーカップ、真空式パイプクリーナーともに数回挑戦してダメなら諦めることです。
何度も繰り返すと排水管を壊してしまう可能性があるからです。
固形物がかなり奥まで流れてしまうと、市販のアイテムでは解決が難しいので、プロに取り出してもらう必要があるでしょう。


トイレに流してはいけないもの

流してよいものはトイレットペーパーに限定されます。
ティッシュペーパーは汲み取り式のトイレでは、トイレットペーパーの代用にしている家庭がありますが、水洗トイレには決して流さないようにしてください。
ティッシュペーパーは水溶性ではなく、時間を置いてもほぐれません。

公衆トイレに備え付けのトイレットペーパーがないときは、ポケットティッシュを使用するという人が多いですが、家庭内のトイレでは原則としてトイレ用のペーパー以外は使用しないようにしましょう。
流したからと直ちにつまるわけではありませんが、流し続けるといつかつまります。
排水路が汚れで細くなっていると、そこに引っかかる可能性があります。

定期的に排水管の薬品洗浄をしておけば、排水管には十分なスペースがあるはずです。
一方で薬品洗浄をあまりしない家庭だと、排水管が狭くなっている可能性があります。
それでもトイレットペーパーならいずれ溶けますが、ティッシュペーパーだと溶けません。
決してつまるとは限りませんが、つまるリスクが高いからこそ流すのは避けたほうがいいのです。


トイレの平均的な寿命はどのくらい?

15年くらいで寿命がやってくると言われています。
勿論使い方が大きく関係しており、薬品洗浄をほとんどしない、使用する人数が多い、といった状況では早く故障することがあります。
トイレの寿命が近づいてくると、つまりや水漏れがよく起こるようになりますし、水の流れも悪くなるので覚えておいてください。
以前と違うと感じるようになったら、便器を交換する時期かもしれません。
また排水管もいずれ故障するので、修理・交換が必要になるでしょう。

排水管に問題が発生した場合は、プロに修理・交換を依頼する必要があります。
特につまりが頻繁に発生しているトイレは、排水管の傷みが早くなるので要注意です。
近年のトイレは少量の水量で流せるので、設備が古くなっている家庭は便器交換やトイレリフォームを検討してみてください。

ながさき水道職人は長崎県で展開する水道局指定店です。
長崎市、佐世保市、諫早市、大村市などの長崎県全域で水漏れ・つまりの修理をしています。
水まわりならどこでも対応でき、トイレや浴室、キッチン、洗面所などの修理・部品交換が得意です。
小さな違和感やトラブルでもかまいませんので、気軽にながさき水道職人にご相談ください。


長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315