【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » お風呂掃除に使いやすいバスブラシの選び方

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂掃除に使いやすいバスブラシの選び方

2021年05月21日 お風呂のメンテナンス


お風呂場の掃除をする時に必要なアイテムの1つがバスブラシです。
「バスブラシなんてなんでもいいのでは?」と思うかもしれません。

しかし、バスブラシにはさまざまな種類があり、特徴によって使い分けることで、お風呂掃除も抜群にはかどります。
そこで今回は、お風呂掃除が楽になるバスブラシの選び方を紹介します。

バスブラシの種類

バスブラシには特徴や機能によって、いろんな形状や大きさのものがあります。

・ハンディタイプ
ハンディタイプのバスブラシは、細かい部分を掃除するのに最適です。
長い柄の付いたブラシでは掃除しにくい部分や、水垢や皮脂汚れをしっかり落としたい時にも便利です。

サイズもコンパクトなので収納場所にも困りません。
ハンディタイプの中でも使いやすいものを選ぶためには、「自分の手のサイズに合っているか」「持ちやすい形状か」ということを確認しましょう。

ただし、ハンディタイプのバスブラシはかがんで使うことが多いので、それだけで毎日掃除すると疲れやすいというデメリットもあります。

・長柄タイプ
天井や壁の上部など手が届かない部分の掃除に便利なのが長柄タイプのバスブラシです。よりスムーズに掃除するには、ブラシと柄がしっかりと固定されており、丈夫で安定しているものを選びましょう。

ただ、柄が長いので細かい部分の掃除には向いていませんし、収納場所を取ってしまうというデメリットもあります。

・伸縮タイプ
収納場所を取るという長柄タイプのデメリットをカバーするのが伸縮タイプのバスブラシです。
柄の長さを調整できるので、高いところの掃除も低いところや細かい部分の掃除にも便利ですし、収納場所にも困りません。

・電動タイプ
ブラシの部分が電動で動くタイプのバスブラシです。
力を入れて磨き掃除する必要もなく、立ったまま掃除ができるのがメリットです。
電動なので価格は高めで、機能性やバッテリーの容量は商品によって違います。
数種類の交換用ブラシが付いているものもあります。


バスブラシの選び方

バスブラシを新しく購入するなら、便利な機能の付いているものや使いやすいものを選びたいものです。
そのためには、次のポイントを押さえておきましょう。

・ヘッドが交換可能か
水を使うお風呂の掃除で使用するバスブラシは、湿気で繁殖しやすくなります。
バスブラシに付いたカビが原因で、掃除するたびにカビを増やしてしまう可能性もあります。

だからといって、バスブラシを何度も買い替えるのはもったいないので、ヘッド部分だけ交換できるタイプを選ぶと、衛生面でも経済的にも便利です。

・洗剤を使わなくても汚れを落とせるか
お風呂掃除用洗剤を毎日使っていると、洗剤はすぐなくなってしまいます。

また、強い成分が配合された洗剤で肌荒れを起こす人もいるでしょう。
洗剤を使用しなくてもバスブラシだけで汚れを落とせるものを選べば、そのような心配もいりません。

しかし、ヌメリがブラシに付いているとそこからカビが増殖してしまうので、湿度の高い時期や汚れがひどい場合には、洗剤を使って掃除しましょう。
洗剤による手荒れや肌荒れが心配な場合は、重曹とクエン酸を使った掃除方法がおすすめです。
洗剤に比べて洗浄力は劣りますが、肌への影響は少なく安心です。

・耐久性に優れているか
お風呂掃除は毎日のように行うので、耐久性に優れたバスブラシでないとすぐにボロボロになってしまいます。
カビや菌の増殖を抑える効果のある抗菌加工されたバスブラシなら、比較的長く使えるでしょう。

ただし、耐久性が優れていても重さのあるものは、掃除をしていると体に負担がかかってしまうので、購入する前に実際に持ってみて重さを確認しましょう。


こんなことにも気をつけて

バスブラシの形状や大きさ、特徴について見てきましたが、この他にも確認してほしいポイントがあります。

・毛の材質や長さ
バスブラシの毛の材質や長さも商品によって異なります。
硬い材質のものは頑固な汚れも落としやすいですが、洗い場の床や浴槽に傷をつけてしまうこともあります。

逆に柔らかい材質だと汚れをきれいに落とせないことがあります。
おすすめなのは、適度な硬さのあるバスブラシです。
毛の長さについては短めのものを選ぶと、ぐらつきにくく動かしやすいのでおすすめです。

・水切れの良さ
掃除後のバスブラシは水気を含んでいるので、そのまま放置するとカビが繁殖してしまいます。
そのため、水切れが良く乾きやすいかどうかも確認しましょう。

・収納性の高さ
ブラシにカビが繁殖しないように、毛が傷めないために、吊り下げて収納できるものがおすすめです。
はじめから収納用のフックや穴のあるものを選ぶと便利です。


浴槽用スポンジを併用

お風呂掃除に欠かせないバスブラシですが、いろんな種類があってそれぞれに特徴があります。
使いやすさや目的に合ったものを選ぶことで、掃除の手間や負担を省くことができます。また、浴槽用スポンジも使っている人もいるでしょう。

スポンジなら力の加減もしやすく細かい部分も丁寧に磨けます。
スポンジだけでは高いところの掃除はしにくいので、長柄タイプのブラシと併用すると良いでしょう。


トラブルが起きたらすぐに専門業者へ

バスブラシやスポンジを使ってきれいに掃除していても、排水口に詰まった汚れは取り除くことができません。
排水口の詰まりを解消するためには、専門業者に依頼して修理してもらう必要のある場合も多いです。

ながさき水道職人は、長崎市や佐世保市、大村市や島原市、南島原市など長崎県内にお住まいの方におすすめの水道修理業者です。
経験豊富なプロのスタッフが水回りのトラブルの原因を追究し、スピーディーに修理して解決に導きます。
無料お見積りも行っておりますので、お困りのことがあれば何でもご相談ください。


長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315