【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » トイレの故障?ダイヤフラムの交換の手順を紹介

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの故障?ダイヤフラムの交換の手順を紹介

2021年05月05日 トイレのメンテナンス


ダイヤフラムが故障してしまうと、トイレの床が水に濡れてしまう可能性があります。水漏れしてしまっている場合は、どんどん被害が広がっていくので、すぐに対応したいところでしょう。

今回は、業者に交換を依頼したいけど、費用がもったいないと思っている人のために、ダイヤフラムを自分で交換する方法を紹介します。手順さえわかっていれば、それほど難しい作業ではありませんので、業者に交換を依頼した際と自分で交換した際の比較をしっかりとしてから決断したいものです。

ダイヤフラムは自分で交換できる

トイレから水漏れして、床が濡れてしまうと、驚いてしまいます。そして、その原因の一つとして、ダイヤフラムが故障してしまったものがあるでしょう。こちらのダイヤフラムなのですが、あまり聞きなれないために、交換するのは難しそうだと思ってしまうかもしれません。しかし、実際には、マニュアルさえしっかりと確認すれば、それほど難しくなく交換できてしまいます。

業者に頼んで、より安全に交換するという方法もありますが、その場合は費用が高くなってしまいますので、自分で交換したいという人もいるでしょう。そんな人のためにダイヤフラムを自分で交換するための方法を紹介します。

止水栓を止める

ダイヤフラムの交換をする前に絶対にしておかなければならないことがあります。それが、止水栓を止めることです。止水栓を止めておかなければ、交換の際に水が噴き出してしまう可能性がありますので、十分に注意する必要があるでしょう。

ダイヤフラムを外す

ダイヤフラムを交換するためには、故障した部品を外す必要があります。まずは、タンクの蓋を開けることからはじめ、ボールタップを外します。ボールタップにはカバーがつけられていることがあるので、こちらもカバーも外すとよいでしょう。

浮きゴムとの連結部分は簡単に外せるようなっています。ダイヤフラムは、ナットなどで止まっていることが多いので、ナットを外しましょう。ナットは、プラスチック製のものも多いので、モンキーレンチなどではなく、手で外せます。

ダイヤフラムの交換

ナットを外すとダイヤフラムは簡単に外れるようになっているので、新しいダイヤフラムと交換するとよいでしょう。装着の際に、ピンがしっかりと飛び出るようにしてください。このピンがしっかりと飛び出なければ、使用できなくなってしまうこともあります。交換が終わったら、後は最初の手順に従って、トイレを元の状態に戻すとよいでしょう。

また、タンク内部は、ホースが入っていたり、手洗い管がつながっていたり、予想以上に狭くなっていることもありますので、状況に合わせて、作業しやすい環境を作ってあげることが重要です。狭い場所に手を押し込んで作業すると、怪我をしてしまう可能性がありますし、他の部品を破損させてしまう可能性もありますので注意しましょう。

ダイヤフラムが故障して、しっかりと水が止まらなくなってしまうと、オーバーフロー管からいつまでも水が流れてしまう可能性もありますので、水が漏れていると感じたら、早い段階で対応してみるとよいでしょう。

ついでなのでフィルター清掃もする

ダイヤフラム交換をしたら、ついでにフィルター清掃もしてみるとよいでしょう。せっかく止水栓を止めて、作業しやすい状況にしているので、フィルターやストレーナーを掃除できれば、水が出ないといった状況を防げます。

フィルターやストレーナーが詰まってしまうと、水が出なくなったり、出にくくなったりすることもありますので、定期的に清掃してきれいな状況を保っておくとよいでしょう。フィルターやストレーナーはそういった定期メンテナンスを想定しているので、メンテナンスをしてあげることは重要です。

部品さえ間違わなければ交換は簡単

ダイヤフラムの交換を業者に依頼しようとしていた人もいるでしょう。しかし、実際に交換してみると、予想以上に交換が簡単であることがわかります。水道のパッキンを交換するレベルに簡単な行為なので、誰でも手順さえ知っていれば問題なく対応できます。このような作業であっても、業者に依頼すると、それなりの費用になってしまいますので、自分で対応可能なのか、そうでないのかはしっかりと見極めたいところです。

ながさき水道職人では、長崎市、佐世保市、島原市など長崎全域で水関連の対応に尽力しているサービスです。これまでにも長崎という土地に根付いて、さまざまな問題解決に取り組んでまいりました。トイレのダイヤフラム交換は、場合によっては自分で交換することも可能ですが、手に負えない水漏れの場合は、ご相談いただければ、すぐに駆け付け、対応いたします。

また、さまざまなトイレの部品もストックしてありますので、部品がないので、いつまでもトイレが使えないといったことが極力ないように努力いたします。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315