【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 凍結の予防ってどうすればいいの?凍結の予防方法を解説します!

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

凍結の予防ってどうすればいいの?凍結の予防方法を解説します!

2020年12月31日 水道のトラブル
長崎_8

冬に気温が下がると、水道管の中にある水の温度も下がり凍ってしまうことがあります。それが凍結です。凍結してしまうと、一時的に水が出なくなるというだけでは済まない場合もあります。

水道管は通常の状態でも常に水で満たされて大きな圧がかかっていますので、水が凍り体積が増えることによってさらに水道管に大きな力が加わり、水道管が破裂してしまう可能性があるのです。

また、ガス給湯器の中が凍結すると、故障の原因となります。凍結はさまざまなリスクが考えられますので、凍結が起こる可能性があるときは、しっかりと予防をしましょう。
ここでは、水道管の凍結を予防する方法を解説します。


凍結に注意しなければならない状況

一般的に、水道管の凍結は-4℃以下になると注意が必要とされています。そのため、天気予報を確認し、-4℃以下になる可能性がある日は凍結予防をしなければなりません。地域によっては凍結指数という数字が発表されていることもありますので、参考にしてください。

しかし、天気予報を確認して-4℃以下でなければ予防は必要ない、ということはありません。
水道管がむき出しになっている・風が強い日である・日陰に水道管があるなどの状況では、-1℃~-3℃程度でも凍結する可能性があります。

天気予報も100%当たるというわけではありませんので、お住まい地域の状況によっては余裕を持って予防するようにしましょう。
水を使わない時間が長いほど水の温度が下がっていくため、凍結の可能性が高くなります。寒くなりそうな日の夜や数日家を空けるときは特に注意してください。


凍結予防方法

凍結を予防する方法は、いくつかあります。
ご自宅の状況で、一番効果的で比較的簡単にできる方法を選び、実践してください。

【水抜きをする】
当然ながら、水道管が水で満たされていると凍結します。
逆に水道管を空にすれば凍る水がありませんので、凍結は起こりません。
水抜きは凍結の防止方法として一番ポピュラーな方法でしょう。家の造りによって、止水栓がいくつかあったり、電動で全て行えたりと、方法に違いがありますので、事前にしっかりと確認をしてください。

正しい方法で行わないと水道管に水が残り凍結してしまう危険性もあります。水抜きは必ず正しい方法で行うようにしましょう。
古い家などは、完全に水抜きをすることが難しい場合もあります。その場際は、別の方法で防止してください。

【蛇口の水を出し続ける】
水抜きをするよりも簡単な方法が、水を出し続けることです。
水道管の水が常に動いていることによって、凍結を防ぐことができます。この方法で凍結防止を行う際は、水の量に注意してください。

ポタポタ落ちるくらい少なすぎると蛇口が凍結してしまいますし、多すぎると水道代が高額になってしまいます。
一般的に、鉛筆の太さ程度に水を出しておくと安心できると言われています。

【むき出しになっている水道管を保温する】
散水栓やむき出しになっている水道管は、他の場所に比べて凍結しやすいです。
ホームセンターやインターネットで水道管防止用の保温テープや断熱材が販売していますので購入し、水道管や蛇口に巻きつけましょう。
保温テープや断熱材を巻きつけることで外気温から水道管を守り、中に満たされている水の温度を下がりにくくすることができます。

【凍結防止用ヒーターを取り付ける】
北国では珍しくないのですが、凍結防止用のヒーターというものがあります。
むき出しの水道管や蛇口に巻きつけるように取り付けし、電気を使って発熱し凍結を防ぎます。種類にもよりますが、サーモスタットがついているものが多く、気温が下がると自動的にヒーターの温度を上げてくれます。

一度取り付けたらそのままで凍結防止ができるため便利ですが、購入費用と電気代がかかりますので要検討です。また、水道管の材質によってはヒーターが使用できない場合もありますので、注意してください。
夏場などの温かい季節でヒーターが必要になることはありませんので、コンセントを抜いておくようにしましょう。

【ガス給湯器の電源は消さない】
ガス給湯器の中でも凍結する可能性があります。
特に外に設置されている場合は、凍結しやすいです。
ガス給湯器には凍結防止機能がついていることがありますが、コンセントを抜いてしまうと機能しません。
可能であれば、ガス給湯器の電源は消さないでつけっぱなしにした方が、凍結しにくいでしょう。
万が一凍結してしまった場合は、逆に電源を消し、自然に気温が上昇するのを待ってください。

【蛇口についている水滴は拭いておく】
蛇口に水滴がついていると、蛇口が凍ってしまう可能性があります。
外にある蛇口や室温の下がる場所にある蛇口は拭いておくようにしましょう。


長崎県の水のトラブルはながさき水道職人にご相談ください

床下や壁に埋まっている水道管に凍結予防をしたい場合や、予防しているのに凍結してしまったとき、より専門的な知識で凍結予防してほしいなどのお悩みがあれば、業者に依頼をしましょう。

ながさき水道職人であれば、豊富な知識を持ったプロが対応してくれますので、安心して依頼いただけます。
今まで長崎市・佐世保市・南島原市などをはじめ、長崎県全域の水のトラブルを解決してきました。
24時間365にち迅速かつ的確に対応いたしますので長崎県の水のトラブルは是非ながさき水道職人にお任せください。


長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315