【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 水道管の破裂の対処法とその予防策

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道管の破裂の対処法とその予防策

2021年07月29日 水道管の凍結


冬場になると、水回りのトラブルで気をつけないといけないことの一つとして、水道管内の凍結があります。予防をしっかり行えば水道管の凍結は、未然に防ぐことが可能です。しかし事前に予防をしておかないと、修理などの大きな出費につながってしまいます。今回は水道管の凍結についてご紹介していきたいと思います。

水道管が凍結しやすい環境とは

まず、水道管が凍結しやすい環境で、もっとも重要なのが気温です。具体的な温度の基準は、マイナス4℃です。水道管内の水が凍結するには、気温がマイナス4℃以下になることが条件になります。天気予報などで外気温が4℃以下と予報されている場合は注意しましょう。特に室外の水道は、外気温の変化の影響をもろに受けてしまうので対策が必要です。

しかし、外気温がマイナス4℃以下だったとしても凍結が起こる場合があります。たとえば、外気温がマイナス4℃より高かったとしても、水道管が北側や日陰になっていると凍結を起こします。実際の気温や天気予報の気温がマイナス4℃以上でも、水道管の凍結に注意が必要な条件を満たす場合にはしっかり予防と対策を行いましょう。

水道管の凍結の予防方法

外気温がマイナス4℃以下になると水道管が凍結してしまうので、予防や対策が必要です。予防方法には以下のものがあります。

・保温材を取り付ける
屋外や外気に触れる位置にある水道管に効果的なのは、保温材を取り付けることです。しかし、保温材は取り付けても屋外にあるため劣化しやすく、都度交換が必要です。寒冷な気候の地域ではなく、一時的に寒くなる場所なら温材でも十分でしょう。

しかし、そうでないならば凍結防止ヒーターがおすすめです。凍結防止ヒーターはその名の通り、水道管内の水の凍結を防ぐヒーターです。素人には取り付けが難しいので、指定給水装置工事事業者に依頼しましょう。

・少量の水を出しておく
これはもっともポピュラーな予防法です。寒冷な気候におすまいの方ならよく実践されているかと思いますが、そうでない方のためにもやり方をご紹介します。やり方は非常に簡単で、気温が低くなる前に水道から水を鉛筆の芯くらいの太さで出しっぱなしにしておくだけです。

水は止まっていると凍りやすくなりますが、流れていると凍りにくくなります。水たまりの水は凍っているのに、近くを流れる川の水が凍らないメカニズムと同じです。水を出しっぱなしにすることで、水に流れを作ってあげましょう。

・水抜きをしておく
水道管内の水を抜いておく方法があります。水抜きができるかどうかは水道管によって異なります。寒い地域の屋外の水道には水抜き用の設備がついており、水抜き用のバルブがあれば水道管内の水抜きが可能です。水道管内の水がなければ、どれだけ寒くても凍ることがないので確実な方法と言えます。

・ずっと追い焚きしておく
屋外の給湯器またはボイラーの凍結防止として、お風呂の水を循環口より少し高い位置まで排水しておきます。風呂温度を35℃程度に設定しおき、一晩中追い焚きしておく方法もあります。しかし、蛇口を開いて浴槽にお湯をはるタイプのボイラーだと、この方法では対策できないので注意が必要です。詳しくは、説明書に記載があるはずなので、それを確認しましょう。

以上が凍結を予防する方法です。可能なものがあれば実践して、しっかり予防を行いましょう。

実際に凍結してしまったときには

外気温が低くなることがわかり、毎年凍結することがあれば事前の対策は可能です。しかし、急に気温が下がったりして、水道管が凍結しているのに気がついた際にはどうしたらいいのでしょうか。凍結が起こった際の対処法をご紹介します。

・蛇口を温める
蛇口や配水管を温めることで、その内部の凍結した氷を溶かせます。方法としては、凍結が起こった箇所にタオルを巻き付けて、そこにぬるま湯をかけてください。ここで注意が必要なのが、かける際は熱湯を使ってはいけないということです。

かけるお湯の温度が高いほうが内部の氷が溶けそうな気がしますが、熱湯をかけると温度の変化で水道管が破裂してしまいます。ガラスのコップに熱湯を注ぐと割れてしまうのと同じです。かけるお湯の温度は50℃くらいのぬるま湯にしてください。他にも室内であれば暖房をつけ、ドライヤーの温風を凍結箇所にあてるのも効果的です。

・水道業者に連絡する
水道管が凍結していると気がついたら、基本的にはすぐに水道業者に連絡しましょう。水道管が破裂している場合は、テープなどで一時的な応急処置は可能ですが、修理が必要です。また、水道管には目視で確認できない箇所もあり、見た目ではわからなくても破裂している可能性があります。凍結箇所以外の部分も見てもらいましょう。

自宅の水道管が凍るということは、近所でも水道管の凍結が起こっている可能性が高いので、混み合って水道業者の対応も遅くなりがちです。なるべく早く連絡することが重要です。

水道管が凍結してしまったらながさき水道職人にご連絡ください

ながさき水道職人は長崎市や佐世保市、諫早市、雲仙市、長与町、時津町など長崎県を中心に水道トラブルを解決しています。水回りのトラブルの原因特定から修理まで安心してお任せください。水道凍結のトラブルの実績も多数あります。ご連絡いただければ経験豊富なプロのスタッフがお伺いし、解決いたします。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315