【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » トイレの水漏れ箇所と原因、その対処法

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水漏れ箇所と原因、その対処法

2021年07月16日 トイレのトラブル


トイレの水漏れはすぐに対策を

トイレで起こるトラブルの中でも水漏れは要注意なものの一つです。水漏れは詰まりのようにトイレがすぐに使えなくなることはなく、悪臭や汚れのように我慢できないほど不衛生を感じることもありません。しかし水漏れを放っておくと、水道料金の支払い増加や設備の劣化、見えない箇所でのカビの繁殖などを引き起こします。トイレが水漏れに気付いたら、すぐに対処を行いましょう。

便器や配管から水が漏れている場合

便器付近から水が漏れている場合は、一度乾拭きをしてから水漏れ箇所を特定しましょう。その水漏れ箇所によって取れる対策が変わってきます。

・タンクの下からの水漏れ
トイレタンクの下から水が漏れている場合はタンク自体の破損か、タンクと便器の接続部にある密結パッキンが劣化していると考えられます。タンクが破損している場合は応急処置として破損箇所を防水パテなどでふさぎ、専門業者による修理か交換を行いましょう。

パッキンの劣化が原因の場合は、パッキンを新しいものと交換すれば修理が可能です。しかし確認のためにも重いトイレタンクを外す必要があるので、難しいと感じたら専門業者に依頼するのが良いでしょう。

・便器本体からの水漏れ
便器本体から水が漏れている場合は、どこかに破損が生じている可能性が考えられます。小さな便器のヒビは発見が難しく、防水パテやテープによる補修もあくまで一時的なものなので、速やかにメーカーのサポートセンターや専門業者に連絡し調査を依頼しましょう。

温水洗浄便座の隙間から水が漏れている場合は、内部の回路が故障している可能性があります。温水洗浄便座は電化製品なので家庭での分解や修理はいおすすめできません。メーカーのサポートセンターを活用し、必要であれば修理や交換を行いましょう。

・配管からの水漏れ
タンクに水を流す給水管や温水洗浄便座の給水管、あるいはその接続部分から水が漏れている場合はナットの緩みやゴムパッキンの劣化が原因のケースが多いです。ナットを締め直しても水漏れが改善しないのであれば、止水栓を閉めてから配管を外し、パッキンの交換を行いましょう。給水管自体が劣化している場合は、給水管そのものの交換を行います。タンクのレバーから水漏れしている場合は、タンクの蓋を開けてレバーを取り外し、パッキンの交換を行いましょう。

タンクの水が止まらない場合

トイレの水漏れの中には、タンクから便器の中に水が流れ続けるという種類のものも存在します。こういったケースではトイレタンクの蓋を開け、内部の部品を確認しましょう。タンク内の修理や交換が必要な場合は、止水栓を閉め、タンク内の水を抜いてから行ってください。

・浮き玉とボールタップ
タンク内の水に浮いている浮き玉が沈んでいる場合は、適切な位置に戻しましょう。他の部品に干渉していた場合は破損しないように調整を行います。浮き球が接続されているボールタップという部品に調節リングが付いている場合は、それで水位を調節することも可能です。

浮き玉の中に水が浸入している場合はどこかが破損している可能性があるので交換を行います。浮き球自体に問題がなく、持ち上げても水が流れてくる場合はボールタップが何らかの問題を起こしている可能性があるので、こちらも交換を行います。

・フロートバルブ
トイレタンクの底をふさいでいるフロートバルブ(ゴムフロート)が劣化している場合も水が流れ続けてしまいます。汚れがたまっている場合にもうまくはまらなくなってしまう場合があるので、清掃と点検を行い、必要であれば交換を行いましょう。

・オーバーフロー管
余分な水を便器に排出するオーバーフロー感が破損している場合も、便器に水が流れ続けます。完全に折れている場合、ヒビが入っている場合などがありますが、少しでも破損があれば新品と交換しましょう。

壁や床が濡れている場合

便器と床の間から水が漏れている場合は、接続部のフランジパテかガスケットという部品が劣化している可能性が考えられます。便器を取り外すことで確認と交換が可能ですが、給水管やタンクも取り外す大掛かりな作業になるので、基本的には専門業者に依頼することをおすすめします。他の原因としてはそもそもの施工不良や地下の排水管トラブルといったケースも存在しますが、いずれにしても自力での対処は困難です。

そして、トイレ内が濡れているけれど具体的な水漏れ箇所や原因が特定できないという場合は、結露を疑ってみるといいかもしれません。特にタンク内に直接水を入れる古いタイプの便器は結露が発生しやすくなります。湿度が高い時期、気温が低い時期に発生しやすくなるので、換気を十分に行う、トイレと他の場所の温度差を減らすといった対策を取りましょう。

トイレの水漏れでお困りならながさき水道職人に連絡を

トイレの水漏れでお悩みの際はながさき水道職人にご連絡ください。ながさき水道職人は長崎市、佐世保市、大村市、東彼杵郡波佐見町・川棚町・東彼杵町など長崎県で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレの水漏れや詰まりなど水回りのトラブルでお悩みの際はながさき水道職人にお電話ください。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315