【水道局指定工事店】長崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » トイレタンクで発生しやすい水のトラブル

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレタンクで発生しやすい水のトラブル

2021年06月30日 トイレのトラブル


トイレタンクは便器に比べて掃除をする頻度が少なくなりがちなので、気が付いたら汚れが酷くなっていた、詰まりが発生したということもあります。
他にもトイレタンクにはいろいろな部品が使用されていますし、家にいれば頻繁に水を流すので、部品が劣化することもあるでしょう。
そこでトイレタンクで水のトラブルが発生した場合には、どのように対処するのかを紹介していきます。

使われている部品を知ると水のトラブルが起きても対処しやすい

トイレタンクで水のトラブルが発生した場合、事前に使用されている部品の種類や役割を知っておくと、何を購入してくればよいのか、どのように対処すればよいのかがわかりやすくなります。

トイレタンクに使用されている部品は主に3つあります。
1つめはボールタップという部品です。
ボールタップはタンクの内部に給水する際に使用される部品で、水の量を調節するために取り付けられています。
ボールタップには浮き球が取り付けられているタイプと、浮き球がないタイプがあります。

浮き球が付いているタイプの場合には、浮き球が不具合を起こしてしまうこともあるので、まずはどの部分で不具合が発生しているのかを確かめる必要があります。
主に部品交換や水位の調整をすることで、水のトラブルを直すことができるでしょう。

2つめはオーバーフロー管です。
オーバーフロー管はタンクに貯まっている水の量を保つ部品になります。
水が必要以上に溜まってしまったときには、便器に排水する役割も担っています。
あまり不具合が発生することのない部品ですが、経年劣化によってトラブルが起こる可能性はゼロではありません。

3つめはフロートバルブです。
タンクに貯まってる水を便器に流すときに開閉し、一気に水を流します。
水を流しきるとタンクにフタがされるので、再びタンク内に水が貯まる仕組みになっています。
フロートバルブは劣化しやすく、常に便器に水がちょろちょろと流れてくる場合には、フロートバルブの不具合が発生している可能性があります。
基本的には付着している汚れを取るか、部品を交換することで改善が可能です。


トイレタンクは洗剤で簡単に洗える

トイレタンクは便器に比べて洗う頻度が少ない場合が多いでしょう。
しかし、全く掃除をしないままにしてしまえば汚れが付着してしまいますし、汚れが原因で水の詰まりや水漏れが発生することもあるのです。
そこでトイレタンクの掃除方法を簡単に見ていきます。

掃除の方法はとても簡単で、最初に止水栓をしっかりと止めます。
次にフタを開けて、普段便器を掃除するときに使用している中性洗剤をまんべんなく吹き付けます。
後は丁寧にブラシでこするだけで掃除は完了です。

使用するブラシは使い古した歯ブラシがおすすめなのですが、その理由は狭い場所でも掃除がしやすいからです。
タンクのフタも同じように掃除をしてきれいにしましょう。

最後に水を流して洗剤をきれいに落とせば終了ですが、他にも掃除の方法があります。
それはトイレタンク専用の洗浄剤を使う方法です。
トイレタンク専用の洗浄剤を使えば、手洗い器に開いている穴から洗剤を入れて、2時間ほど放置したら水を流すだけで掃除が完了します。
タンクの内部をしっかり掃除する時間がないという人は、試してみてもよいでしょう。


手に負えない場合には業者を呼ぶ

トイレタンクの修理を自分で行おうとしたけれど、原因が特定できなかった、いろいろと試したけれど直せなかったなど、手に負えなくなった場合には業者に依頼をしましょう。
無理をして自分で何とかしようとすると、逆にもっと状態を悪くしてしまうこともあります。

しかし、水のトラブルを直してくれる業者はたくさんあるので、どのようなところに依頼をすればよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。
そこで業者を選ぶ際に行うべきことや、知っておくべきポイントをいくつか紹介します。

・複数の業者で見積もりをする
・出張料や見積もり料金は必ず確認する
・現場調査はきちんと行っているか
・夜間や休日は料金が追加されるか
・水道局指定番号を取得している業者であるか

最低でもこれだけはしっかりと行うべきです。
ただし、今まで何度か水のトラブルを直してもらったことがあり、問題のない業者を知っている場合は、その業者に依頼するのがよいでしょう。

賃貸住宅の場合には、管理会社や大家に連絡をすることで、きちんと業者を手配してくれるので安心できます。
もし故障原因が経年劣化であれば、費用は管理会社や大家が負担してくれるでしょう。


トイレタンクのトラブルも安心して依頼できる

長崎市や佐世保市、諫早市、大村市、雲仙市などでトイレタンクのトラブルが発生したら、ながさき水道職人まで依頼してもらえれば、すぐに駆け付けて修理を行います。

長崎県内なら大半の地域に対応しているので、気軽に連絡をしてください。
修理をする前には必ず現地調査を行い、きちんと見積もりを出してから修理するので安心です。
万が一修理を断られた場合でも、キャンセル料は発生しません。



長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315