【水道局指定工事店】長崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » シャワーの水圧が弱いと感じたら?自分でできる対処法

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーの水圧が弱いと感じたら?自分でできる対処法

2022年06月27日 お風呂

毎日シャワーを浴びる人にとって、水圧の強弱は結構気になる点なのではないでしょうか。長年同じシャワーヘッドと使用していると、トラブルも起きます。


水圧が弱くなるのは、老朽化が原因かもしれません。最近のシャワーヘッドは便利機能が付いたり、水圧を自由に変えられたりするものもあります。


シャワーヘッドの調子がおかしいと思ったら、新しいものに変えるのもおすすめです。


本記事では、シャワーの水圧が弱い原因と対処法、修理を依頼したときの費用相場と自力で修理するときの注意点を解説します。


なぜ?シャワーの水圧が弱い原因を解説


シャワーの水圧が弱い原因はいくつかあります。シャワーの水圧が弱くなる原因は、シャワーフィルターのつまりやホースの老朽化、止水栓の締めすぎ、給湯器の不具合、水を同時に使用しているなどがあります。


シャワーのフィルターがつまってしまうと、水圧が弱くなります。シャワーヘッドとホースの中間にストレーナーというフィルターが付いているので、そのフィルターを掃除してみましょう。


フィルターは、シャワーを使用すればするほどゴミやサビが蓄積し、つまってしまいます。フィルターがつまることによって水の出が悪くなり、水圧が弱くなるのです。


フィルターのつまりが原因で水圧が弱くなっていたのであれば、フィルターを掃除することで簡単に解決します。


シャワーの老朽化に伴い、ホースも長期間使うと破損してしまいます。ホースが老朽化すると、亀裂が入ったところから水が漏れ、その水漏れがシャワーの水圧が弱くなる要因のひとつです。


また、水量をコントロールする止水栓を閉めすぎて水の流れが悪くなり、水圧が弱くなることも考えられます。


給湯器に原因がある場合も。給湯器の容量が不足していることにより、水圧が弱くなることも考えられます。給湯器の故障や不具合が原因で水が出にくくなることも。


なお、浴室だけじゃなくキッチンなど他の水回りで同時にお湯を使うことで、一時的に水圧が弱くなってしまうこともあります。


これは給湯器の能力を超える量を一気に使ってしまっている結果です。この場合は、何か所も同時にお湯を使うのを辞めれば解決します。


シャワーの水圧が弱いと感じたら?効果的な対処法


シャワーヘッドの水圧が弱いと感じたら、まずはヘッドの掃除をしましょう。


まず、ヘッドを分解して汚れを落とします。取扱説明書に従い、ホースからヘッドの部分を外して使い古しの歯ブラシで、浴室用中性洗剤で掃除してください。


頑固な汚れは、漬け置き洗いをします。クエン酸大さじ1杯を洗面器に入れ、水を張って1~3時間浸しておくと汚れが落ちやすくなります。


シャワーヘッドを掃除しても改善しない時は、この機会にシャワーヘッドを新しい物へ交換するのもよいでしょう。


最新のシャワーヘッドは、いろいろな機能が搭載されているものがたくさんあります。機能によって価格はさまざまですが、自分が今必要としているものを選んで快適なシャワータイムを実現させるよい機会なのではないでしょうか。


水圧を調整できる、水圧シャワーヘッドというものもあります。水圧シャワーヘッドは、シャワーから出る水の量を調節できる機能です。ヘッドの穴の数を調節したり、ヘッド自体の大きさを変えたりすることで、節水にも役立ちます。


また、止水栓を調節することで、自由にシャワーの水圧を変更することも可能です。水圧が弱い原因は、止水栓が閉まりすぎてしまっている可能性もあります。止水栓の場所を確認して、閉まっている止水栓の開閉をマイナスドライバーで緩めて調整してみましょう。


給湯器の容量不足や故障が疑われる場合は、給湯器を新しいものに交換しなければいけません。


なお、最初から水圧が低い場合もあります。これは配管が細かったり、浄水場と自宅の距離が離れていたりする場合が考えられます。この問題は各家庭で解決できることではありません。専門業者に調査してもらう他ありません。


根本の解決方法といえませんが、シャワーヘッドを低水圧用のものに変えると、少しはマシになるかもしれません。試してみましょう。水の勢いが強くなりますし、節水にもつながります。


これまで普通の水圧だったのに急に弱くなり、上記の対処法を試しても解消しない場合、水道管の老朽化などによる水漏れが原因ということもあります。このような場合は水道局に点検してもらいましょう。


マンションなど集合住宅の場合は、給水装置に不備があることもありますので、管理会社に点検を依頼してください。


水圧の解消は自分で簡単に解消できることもありますが、できない場合は水道の専門業者に依頼しましょう。


修理を依頼するときの費用相場


シャワーの水圧が弱くなり、自力での対処が難しい場合は専門業者に依頼した方がよいでしょう。専門業者に依頼をするときに気になるのが費用の相場ですよね。シャワーの水圧が弱くなり、専門業者に修理を依頼したときの費用相場は、次の通りです。


・蛇口コマパッキン交換:約1,000~1,500円
・パッキン部分の交換:4,000~5,000円
・止水栓交換:12,000~25,000円


この他に出張費用、深夜料金などもかかります。作業内容を伝えて見積もりを取り、なるべく自宅に近い業者に依頼しましょう。近所の業者であれば、出張費用を安く抑えられます。


自分で修理するときはトラブルに注意


シャワーヘッドの交換は比較的簡単です。


シャワーヘッドは、インターネットでも家電量販店でも手軽に購入できます。


シャワーヘッドはヘッドとホースが別になっているタイプと、ヘッドとホースが一体化しているタイプがあります。自宅のシャワーヘッドをしっかり確認してから、交換商品を購入しましょう。


なお、シャワーヘッドを交換しても、ヘッドからの水漏れが収まらない時があります。そのようなときは、蛇口の内部部品が老朽化しているかもしれません。


交換するべき部品がわかったら、新しいものに交換すると水漏れは止まります。自力で対処するときには、部品選びを間違いないように気を付けましょう。


新しいホースとヘッドは、同じメーカーのものを選ぶのをおすすめします。違うメーカーのものを付けるときは「アダプター」が必要です。また、付け替えるホースは長すぎると常に床に付いたままになってしまいます。カビの付着の原因となりますので、浴室に合ったホースを選びましょう。


万が一水漏れが止まらない時や作業途中で、取り付け手順がわからなくなってしまったときは業者に依頼することも検討しましょう。


また、自力で対処できない水道管の水漏れや老朽化が原因で水圧が弱っていることも考えられます。この場合は水道局に点検を依頼すると、適切な改善を行ってくれるでしょう。


まとめ


シャワーでリフレッシュできるはずの入浴時間も、水圧が弱いとストレスを感じてしまいます。水圧が弱いと汚れもすっきり落ちないような気になってしまいますよね。


水圧が弱くなるのにはさまざまな原因があることがわかりました。水圧が弱いと感じたら、早めに対処しましょう。


新しい機能の付いたシャワーヘッドに交換することも選択肢の一つといえます。ヘッドや部品を換えても水圧が弱いままだったり、自力では対処できないと判断したりした場合は業者に依頼しましょう。シャワーの水圧をちょうどよい水圧に戻し、快適なシャワーライフを送りましょう。


長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315