【水道局指定工事店】長崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » トイレが臭い原因と臭いを消す掃除のやり方

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレが臭い原因と臭いを消す掃除のやり方

2021年09月25日 トイレのメンテナンス


トイレに入ったらとても臭かったけれど、どこが原因なのか特定しにくい場合もあるでしょう。
トイレが臭くなってしまうのには必ず原因があります。

そこでトイレの臭いの原因について紹介するとともに、きちんと臭いが消せる掃除の方法も紹介していきます。

トイレの縁の裏はきちんと掃除ができていない可能性が高い

最近はあまり和式便器を見ることはなく、大半が洋式の便器となっています。
洋式の便器は縁の裏に汚れが溜まりやすいという特徴があるので、しっかりと掃除をしなければいけません。

きちんと掃除をしているつもりであっても、実際は掃除ができていない可能性もあるので、便器の縁の裏から臭いが発生している場合もあるのです。

では、どのようにして便器の縁の裏を掃除するのかというと、重要になるのはブラシの選び方です。
ブラシにもいろいろな種類がありますが、便器の縁の裏に適しているのは、半円状に反り返っているブラシです。
トイレブラシという種類であれば、キズが付きにくくなっているので、販売されているのを見かけたら購入しておくのがよいでしょう。

次に重要なのが、掃除をするための洗剤選びです。
便器の縁の裏は尿石が溜まりやすい場所なので、尿石をしっかりと落とせる洗剤がよいでしょう。
それには酸性の洗剤がおすすめです。
有名な酸性の洗剤と言えばサンポールがありますが、割とどこでも売られているので、トイレ掃除用に購入しておきましょう。

頻繁に掃除ができるのであれば、クエン酸で代用するのもおすすめです。
クエン酸は水と混ぜ合わせてよく振り、スプレーボトルに入れて使用します。
クエン酸でも酸性の洗剤でもきれいに落ちない場合には、尿石を除去するジェルが販売されているので、試してみるとよいでしょう。


便器のキズが臭いの原因になることもある

便器をきれいに掃除したのに、臭いがあまり取れていないと感じたことはありませんか。
もしこのような経験をした場合には、便器の表面をよく見てみましょう。
便器にキズが付いていたら、このキズが臭いの原因になっている可能性もあります。

なぜキズが臭いの原因になるのかというと、キズの隙間に臭いの原因がこびり付いているからです。
キズは小さな溝ですし、そこに汚れなどが入り込んでしまうと取りにくくなります。

そんなときには掃除をしながらキズの修復ができるトイレクリーナーを使ってみましょう。
大きなキズや打痕は修復できませんが、ほんの僅かなキズであれば修復することが可能です。

まだキズが付いていないけれど、便器にキズが付くのを防ぎたいと考えているのであれば、フッ素加工を施すのも効果的です。
フッ素と言えばフライパンや炊飯器の窯、歯磨き粉などによく使用されていますが、表面に幕ができるので、キズを防ぐことができます。
しかも効果が比較的長く持続するので、1回使用したら3ヶ月前後は効果が継続します。

もちろん掃除の頻度や便器の使用方法などによっても効果の持続時間は変わってきますが、1日おきや3日に1度ぐらいの掃除で、普通に便器を使用していれば、3ヶ月に1回程度フッ素加工を施すだけで問題ありません。
フッ素加工を施す前には、きちんとキズの修復ができるトイレクリーナーできれいにしておきましょう。


便器だけが臭いの発生源ではない

トイレで臭いの原因となるのは、便器だけではありません。
他にも床や壁なども臭いの発生源となっているのです。
男性は用を足すときに、立って行うのが一般的であるため、便器だけではなく床や壁にも小便が飛び散っています。
そのため、便器ほど頻度は多くなくてよいのですが、床や壁もきちんと掃除をしておくべきです。

では、トイレの床や壁はどのようにして掃除をするのかというと、トイレ用の除菌シートを使います。
普通に市販されているので、簡単に購入することができるでしょう。
除菌シートや除菌クリーナーなどと書かれて販売されていることが多いのですが、購入しておくとトイレの大半の部分が掃除できるので便利です。

まずは壁から掃除を行い、臭いが消えれば発生源が壁だったということになります。
もし消えない場合には、床が臭いの発生源となっている可能性が高いので、同様にしっかりと拭き掃除を行いましょう。

床を掃除するときには、便器と床の間の部分を念入りに行います。
便器と床の間は、使い古した歯ブラシを使うときれいに汚れを取ることができます。
できればクエン酸水を使用してからこすると、尿石が付着していた場合もきれいに落とせるでしょう。


頻繁に使用するトイレの修理依頼はお早めに

最近はリモートワークを行う人が増えているので、トイレを使用する回数も増えているでしょう。
そうするとトイレから水漏れをすることや、詰まってしまう可能性も高くなります。

もしトイレで水のトラブルが発生したら、ながさき水道職人まで連絡をしてもらえれば、諫早市、佐世保市、大村市、南島原市、雲仙市、時津町など長崎県の広範囲に出向いて修理をすることが可能です。
もちろんトイレ以外の場所で水のトラブルが発生した場合にも対応できます。


長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315