【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 部品を交換すれば大半の水漏れは改善する

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

部品を交換すれば大半の水漏れは改善する

2021年08月11日 お風呂の直し方


風呂場は水を多く使用する場所なので、いろいろなところから水漏れが起きる可能性があります。ただ、水漏れした場合でも、大半の箇所は部品を交換することで改善されるでしょう。問題は、水漏れの原因をきちんと特定することと、自分で直すのか、もしくは業者に修理を依頼するのかを判断することです。

シャワーヘッドやホースから水漏れした場合

風呂場で必ずと言ってよいほど高確率で使用するのがシャワーです。シャワーは水栓からホースを通じてシャワーヘッドまで水が流れてくるという仕組みになっているので、このどこかで水漏れが起きる可能性があります。中でも特に水漏れが発生しやすいところは、水栓とホースの繋ぎ目、そしてホースとシャワーヘッドの繋ぎ目でしょう。繋ぎ目の部分は振動などによって緩んでくることがあるので、定期的に確認しておくべきです。

ちなみにシャワーから水漏れした場合には、シャワーの部品の大半が自分で交換することのできるものですし、部品を交換すれば高確率で水漏れは改善されます。シャワーヘッドやシャワーホースはホームセンターやオンラインショップで売られており、特別な工具などを使用する必要はありません。ただ部品を購入するときには、サイズやメーカー、仕様などをよく確認して購入する必要があります。規格が合わないと、せっかく購入しても交換できません。

場合によっては繋ぎ目からではなく、シャワーホースの本体やシャワーヘッドの本体から水が漏れてくることがあります。これはシャワーホースが劣化して穴が開いていたり、シャワーヘッドに亀裂が入っていたりする可能性が高いです。防水補修テープなどで一時的に水漏れを止めることもできるのですが、シャワーホース全体が劣化していれば、すぐにまた水漏れを起こす可能性があるので、できればシャワーホースを交換してしまうべきでしょう。

浴槽からの水漏れは浴槽自体を交換するしかない

浴槽は比較的丈夫な作りになっているので、滅多に水漏れすることはないでしょう。浴槽本体よりも浴槽に水を溜めておくために使用しているゴム栓の劣化による水漏れや、給湯器の給・排水口からの水漏れが多くなっています。

ゴム栓が原因で水が漏れている場合には、ゴム栓を交換すればよいだけなので、一般の人でも簡単に修理ができます。しかし、給湯器の給・排水口からの水漏れを修理をするのは難しいので業者に依頼したほうがよいでしょう。浴槽本体から水漏れしている場合には、浴槽のどこかにひび割れのできている箇所があります。ひび割れを発見した場合、パテやシーリング材などを使って修理することはできますが、その方法は一時しのぎとなってしまう可能性が高いでしょう。

また、すぐに浴槽内からお湯がなくなってしまう場合には浴槽のひび割れがひどいことが明らかですので応急処置はせずに、浴槽本体を交換することをおすすめします。そうすれば無駄な応急処置を何度もしなくて済みます、確実に水漏れの心配がなくなります。特に、浴槽を設置してから長い年月が経過しているのであれば、近いうちに交換をしなければいけなくなる時期が必ず来るので、思い切って交換をしてしまったほうが安心してお風呂を使用することができるでしょう。

ちなみに風呂場の床から水が溢れ出してくるような場合も、浴槽のひび割れが原因である可能性が高いです。お湯を全て流したあとで、どこかにひびが入っている箇所がないかを確認してみましょう。ひびは1箇所だけとは限りません。強い衝撃などを与えたことはないのに1箇所でもひびを発見したら、それは浴槽の寿命ですので交換することをおすすめします。

給湯器も修理するより交換したほうが無難

給湯器からも水漏れすることがあるのですが、もしそれが発生した場合でも、原因がパッキンの劣化であればパッキンを交換するだけで使えるようになります。給湯器のホースから水漏れしていた場合も、ホースを交換すれば問題はないでしょう。

しかし、他にも水漏れしてしまう原因はいくつか存在しています。それは給湯器自体の故障です。給湯器には当然ながら水が循環しているので、給湯器自体が故障すれば水漏れが発生します。パッキンやホースのような交換できる部品以外が原因で水漏れを起こした場合に、素人が修理をするのは危険です。特に水抜き栓や安全弁は、他の部分に比べて水漏れしやすい箇所となっています。万が一自分で修理して直ったとしても、またすぐに水漏れを起こす場合があるので、業者に修理を依頼するほうがよいでしょう。

給湯器の寿命は10年から15年と言われているので、15年以上経過していた場合には、修理をするよりも給湯器自体を交換してしまうべきです。何度も修理をするよりも安いですし、安全で快適に使用できるので、古いものを無理やり修理して使うべきではありません。

水回りに関することならなんでも相談できる

なぜか自宅で水漏れが起きることが多いと感じる方がいるでしょう。そんな方は、ながさき水道職人に連絡していただければ、水漏れ箇所の修理や部品の交換を行うだけではなく、水漏れの発生を少なくするためのアドバイスなどをさせていただくことが可能です。

ながさき水道職人は佐世保市や大村市、諫早市、平戸市、雲仙市、西彼杵郡長与町など、長崎県内の広いエリアをカバーしていますし、なんでも気軽に相談していただければと思います。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315