【水道局指定工事店】長崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「ながさき水道職人」 » 排水トラップとシンクの接合部分は自分で修理が可能

長崎 地元密着、水道局指定店
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

排水トラップとシンクの接合部分は自分で修理が可能

2021年08月11日 キッチンの直し方


シンク下が水浸しになっていた場合や、シンクそのものが破損している場合には、自分で修理を行うのは難しいでしょう。しかし、排水トラップとシンクの接合部分から水漏れしている場合には、自分で修理をすることが可能です。では、どのような方法で修理を行っていくのかを紹介していきます。

主な原因はゴムパッキンの劣化

排水トラップとシンクの接合部分から水が漏れている場合、原因はゴムパッキンの劣化である可能性が高いでしょう。ゴムパッキンの劣化によって水が漏れているのであれば、当然ゴムパッキンを交換することで水漏れは解消します。ゴムパッキンは消耗品なので、長く使い続けていればどんどん劣化していき、最終的にはしっかりと水を止めることができなくなるので、水漏れが起きてしまうのです。

まずは原因を特定するために、排水トラップとシンクの接合部分に少量の水を垂らしてみましょう。このとき、下に雑巾などを置いておき、床が濡れないようにするのを忘れてはいけません。少量の水を垂らしたときに漏れてくれば、水漏れの原因はゴムパッキンだと特定でき、その交換が必要になります。

ここで重要なことは、必ずしも自分で交換する必要はないということです。「自分は不器用なので、失敗してもっと状況がひどくなる可能性がある」と判断した場合には、業者に依頼して直してもらうのがよいでしょう。

賃貸住宅にお住まいの方は、ゴムパッキンの経年劣化が水漏れの原因である場合、無料でゴムパッキンを交換してもらうことが可能です。それなのに自分でゴムパッキンを購入して交換してしまえばその費用は自腹になりますし、万が一失敗して余計に水漏れを悪化させた場合には、たとえ水漏れの原因が経年劣化であったとしても、過失を追及されて費用を負担することになるので注意しましょう。ゴムパッキンの劣化の他に、ナットの緩みも水漏れの原因となります。

ゴムパッキンの交換に必要な工具類

排水トラップとシンクの接合部分に使用されているゴムパッキンを交換する場合には、専用の工具が必要です。では、どのような工具を準備すればよいのでしょうか。それは流し排水栓スパナと交換用のゴムパッキンです。

流し排水栓スパナは、流し台用トラップ締め工具やトラップ締付工具などという名前で売られていることがあります。このスパナは排水栓のサイズによって異なるので、これを購入するにはそれまで使用していた排水栓の知識が多少ないと難しいでしょう。

もし作業を2人で行うことができれば、流し排水栓スパナを使用しなくても排水栓の取り外しが可能です。しかし、あまりおすすめできる方法ではありませんし、無理をすると故障や破損の原因になるので、できれば流し排水栓スパナを購入しましょう。どうしても工具を販売さしれているところが見つからない、排水栓のサイズが全く分からないという場合には、業者に依頼して交換してもらうべきです。

ゴムパッキンを交換する手順

排水トラップとシンクの接合部分にあるゴムパッキンを交換する場合には、まず必要な工具を揃えます。そうしたらすぐ交換に取り掛かる人がいるでしょうが、その前にシンクを掃除し、シンク下にしまってあるものを全て取り出しておきましょう。

その後、止水栓を閉めて、作業に取り掛かります。最初の作業は排水口のナットを緩めることです。ナットを取り外したときに水がこぼれてくる可能性があるので、あらかじめ雑巾やバケツなどを用意しておくとよいでしょう。排水口のナットを取り外すときには、排水栓スパナを使用します。

取り外したら今度は排水トラップの下にあるナットを緩めますが、こちらは手でも外すことが可能です。2つのナットをはずせば、排水トラップを取り外すことができるので、外してゴムパッキンを交換します。ゴムパッキンは同じサイズのものでなければ使えませんので、サイズを買い間違えないように注意しましょう。

排水トラップは汚れていることが多いので、ゴムパッキンを交換する前に掃除しておくことをおすすめします。日頃なかなか掃除ができない場所も洗うことができるので、隅々まできれいにするよい機会です。特にゴムパッキンをはめる部分が汚れていると、取り換えたときにゴミが入り込んでしまい、それによって水漏れしてしまう可能性があります。そのため、たいして汚れていなくても、ゴムパッキンをはめる部分はきれいにしておくべきです。

ゴムパッキンを交換したら、今度は外したときとは逆の手順で組み立てていきます。ただし、ナットはしっかりと締めなければいけない反面、締めすぎると破損してしまうことがあるので力を込めすぎないように、しかもしっかりと締めなければいけないという難しさがあります。最後に水が漏れないかを確認をして、漏れていなければ修理は完了です。

部品の交換もお手の物

ながさき水道職人は、水回りに使用されている部品の交換をすぐに行うことが可能です。特に水漏れが発生した場合には、ゴムパッキンが劣化している可能性が高いので、どうしてもその交換が必要になります。自分で行える箇所もありますが、難しい箇所のゴムパッキンはご自分で無理に交換しないほうがよいでしょう。

ながさき水道職人は諫早市や佐世保市、大村市、平戸市、西海市、松浦市など、長崎県の広範囲に出張対応しています。

長崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ながさき水道職人(長崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315

ながさき水道職人(長崎水道職人) 0120-492-315